【甲子園】“野球“をくつがえす“暮らし“の魅力。静かな住宅街、買い物も便利でゆったり過ごせる街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

■活気をもたらす甲子園球場とその周辺

甲子園駅といえばなんといっても「甲子園球場」
球場付近は、野球観戦だけでなく買い物やレジャーも楽しめるスポット。例えば球場の前にある「ららぽーと甲子園」。幅広いジャンルのお店が入っているので、車で来るお客さんも多いようです。

安さとデザインで最近人気の「ワークマン」も入っていて、ここには関西初の形態「ワークマン プラス」が。イトーヨーカドーで生鮮食品も買えるし、ここだけで土日の買い物は済ませられそう。

▲広い入り口周辺では、子供たちが集まって遊ぶスペースも。
▲「キッザニア」があるのは日本では東京・豊洲と甲子園だけ(2019年現在)。

ららぽーとには、子供が楽しみながら職業体験できる「キッザニア」も入ってます。甲子園駅周辺の西宮市は子育て支援に力を入れていることもありますし、子育てには良い環境ですね。また、飲食店も豊富なので、買い物ついでにランチやディナーを楽しめます。

そしてこちらがメインとなる球場。
全国高校野球選手権大会の開幕前と開幕後に行ってみましたが、確かに球場周辺は人が多いです。ただ、地元の方にもお話を聞いてみると、この球場を本拠地とする阪神タイガースの試合後もファンの方はマナーを守って帰られるそうなので、そこまで音などは気にならないとのこと。

甲子園球場そばには「素盞嗚(すさのお)神社」がありました。
スサノヲノミコトを祀るこの神社は甲子園球場よりも昔からあったそう。球場ができてからは野球の神様としても参拝する人が増えたそうで、この日も球児がお参りに来てました。

▲野球のボールやベース型のお守りを買い求める人が多い。

甲子園駅周辺のローソンは全国唯一のタイガース仕様。中ではタイガース関連のグッズも売ってます。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。