【上永谷】閑静な住宅街で送るハイセンスな暮らし。横浜港南エリアの穴場スポット

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

「横浜」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
多くの人は赤レンガ倉庫や山下公園、中華街など、横浜駅や桜木町駅、関内駅周辺の景色をイメージすることでしょう。

しかし、横浜市には他にも個性溢れる魅力的な街が存在するのです。

横浜駅から10キロほど離れた「上永谷」という街には、都会の喧騒を忘れる静けさとハイセンスな雰囲気を両立した、穏やかな暮らしがありました。

【上永谷の基本情報】

駅名:横浜市営地下鉄ブルーライン「上永谷」
ランドマーク:ベルセブン

■横浜の主要エリアや都心に簡単アクセス。地下鉄ブルーラインの穴場駅

上永谷駅があるのは、神奈川県横浜市の港南区。
神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ「横浜市営地下鉄ブルーライン」が停車する駅です。

1日の平均乗降人員は約3万7000人と、ブルーライン内で乗り換えのない駅の中では最多。車両基地があるため、始発や終点の駅になることもあり、終電も深夜0時過ぎまであります。また、横浜駅へ直通で約20分、東急線に乗り換えれば渋谷へも約1時間でアクセス可能です。

▲上永谷駅の改札

駅に隣接する複合商業施設「ベルセブン」は、この街のランドマーク的な存在。
鈴が7つ並んだ看板が目印で、施設内には三菱UFJ銀行やドラッグストア、イタリアンファミリーレストランのサイゼリヤなどが入っています。

ちなみに、筆者が上永谷を訪れたこの日は、ベルセブンを出たロータリー前で産地直送の野菜が販売され、人だかりができていました。

▲ベルセブン

ベルセブンがある一番出口を出ると視界に広がるのは大きなバスターミナル。
ここからは京急ニュータウン駅や港南台駅・洋光台駅・東戸塚駅・戸塚駅・羽田空港などに向かうバスが発着しています。

▲横浜市営バスの行先案内
▲ターミナルから絶えず発着するバス

バスの本数はとても多く、特に住宅地方面への移動にはバスが最適。住人の足として活用されています。
上永谷は、電車、バスの両方で上大岡、戸塚という横浜南部の主要都市にアクセスできる“穴場駅“といえるでしょう。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。