【鷺沼】春になったら桜のアーチをくぐろう。子どもが遊べる公園と自然が多い住宅街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

とてもとても暑い夏の日の夕暮れ時。
鷺沼駅の改札を抜けて街に出ると、少し涼しさを感じました。

ふと見上げると、規則正しく並んだ街路樹が日を遮ってくれていて、歩道はどこまでもやわらかな木陰に包まれていたのです。

聞けば、駅前の街路樹は桜並木で、春になると普段はのんびりと落ち着いた街並みも一気に色めき、圧巻の景色を見せてくれるそう。

なんでも鷺沼は桜の名所で、春にはこの街を象徴する「さぎ沼さくらまつり」が鷺沼駅前の「春待坂(はるまちざか)」で開催されるとのこと。

調べてみると「春待坂」という名は、山の傾斜の西側にあるこの坂は少し桜の開花が遅く、「春が待ち遠しい」という意味で名付けられたのだとか。

みんなで首を長くして緑のアーチがピンク色に染まる春を待つ。
なんて愛らしい名前なんだろう。
鷺沼の街の景色を覗きに、散歩してみることにしました。

【鷺沼の基本情報】

駅名:東急田園都市線「鷺沼」
ランドマーク:鷺沼駅前の桜並木、フロンタウンさぎぬま

■急行電車で渋谷まで1本。アクセス良好な交通と、街路樹が並ぶ美しい駅まわり

東急田園都市線の通る鷺沼駅。急行なら、渋谷まで乗り換えせずに、17分でアクセスができます。朝6時台の鷺沼発の急行に乗れば、座って通勤できるのも嬉しい。

また、田園都市線の渋谷発の終電は0時42分。さらに、深夜バスなら渋谷から1時30分まで走るので、帰りが遅くなってしまった場合も安心です。

鷺沼駅前にはバスロータリーがあり、田園都市線終電の時間まで運行しています。バスも均一料金が多く使いやすそうです。

また、国道246号が駅のすぐ近くを通っており、車での都内へのアクセスも良好。さらに東名川崎ICや第三京浜が近いので、西日本側へ向かう交通も便利です。

駅正面口前には大きなショッピングセンター「フレルさぎ沼」があります。スーパーマーケットの東急ストアはなんと9時から深夜1時まで営業。帰りが遅くなるビジネスマンの方も重宝しそうです。
他にも施設内には、衣料品や書店、ドラッグストアなどもあるので、生活に必要なもののほとんどはここで賄うことができます。

駅前の街路樹だけでなく、駅を少し離れた場所でも多くの自然と出会える鷺沼。道のアップダウンはあるものの、いたるところが木陰になっているため、歩くのがあまり苦になりません。
若いお母さんたちは電動自転車に乗りスイスイと木陰を駆け上がっていました。

駅から少し離れると落ち着いた雰囲気の住宅街が広がります。
どの道にもきれいに木が植えられており、目に飛び込んでくる景色すべてが優しい……。もしもこの街に住んだら、四季を身近に感じることができそうです。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。