【二俣川】運転免許センターだけじゃない!再開発で「利便性と余暇を楽しめる」豊かな街に

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

他県の人から見たらそこまで知名度はないのに、県内の人からは広く認知されている場所があります。たとえば運転免許センターがある街がそう。

二俣川は神奈川県の運転免許センターがある街。そのため知名度が高く、多くの人が街に訪れます。

では、運転免許センターだけの街なのか?といえばそうではなく、駅まわりが大規模に再開発され、2018年には複合ショッピングモールの「ジョイナステラス二俣川」がオープンしたばかり。

どんどん便利になる二俣川。この街は、どんな魅力を持っているのでしょうか。
実際に行って、見て、聞いて、この街の今を確かめてみました。

【二俣川の基本情報】

駅名:相模鉄道本線、相鉄いずみ野線「二俣川」
ランドマーク:神奈川県警察運転免許センター、ジョイナステラス二俣川

■相鉄本線急行・特急で横浜まで1駅!2019年11月にJR線、2022年には東横線にも接続

二俣川駅には、相模鉄道本線(相鉄本線)と相鉄いずみ野線の2路線が通っています。

相鉄本線は急行・特急の停車駅でもあり、特急と急行に乗れば横浜までノンストップで1駅、11分で到着。各駅停車でも18分と、横浜まで短時間でアクセスが可能です。

また、2019年11月30日には相鉄線とJR線が相互直通運転を開始。そうなると二俣川〜新宿間も直通で44分。さらに2022年には、相鉄線が新横浜を通り、東急東横線に接続する計画が発表されています。これが実現すれば、渋谷にも乗り換えなしで行けるようになり、さらにアクセスが便利に。

▲真新しく整備された南口バスターミナル
▲北口からは羽田空港行きの高速バスも発着。

二俣川は、バスの交通網が充実しているのも特徴。駅の北口と南口からは相鉄バスが走っており、駅と住宅街を結んでいます。
北口のバスターミナルからは運転免許センター行きの循環バス、南口からは大規模な団地である左近山団地行きの路線が頻繁に行き来していました。

■「ジョイナステラス二俣川」誕生で、ますます楽しい南口エリア

駅の南側は再開発されたエリア。
2018年にオープンした「ジョイナステラス二俣川」では、生活雑貨を始め、本屋やドラッグストア、飲食店など約90店舗が営業しています。生活用品だけでなく、ちょっとお洒落な雑貨や洋服まで買い物できるのがいいところ。

入り口は、改札を出た構内にあります。駅に直結しているので、雨の日でも濡れずにお買い物や食事が楽しめるのは嬉しいですね。

▲「ジョイナステラス二俣川」内のスーパー「そうてつローゼン」は朝6時〜25時30分まで営業

南口の駅前通りには飲食店や100円ショップ、家電・電化製品の「コジマ」などが併設されたスーパー「SEIYU」もあります。しかもこちらは24時間営業!
深夜でも駅前が明るいので、帰宅が遅くなった日も安心です。

⇒二俣川駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。