【船橋】「ふなっしー効果」で利便性と快適性が倍増!豊富なスポットが彩る人情の街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

ゆるキャラ「ふなっしー」の登場により、その名を一躍有名にした船橋。
この「ふなっしー」効果により、街には多くの人が訪れ、人口も増えたようです。

私自身も船橋市出身のため、当時はそれをどこか誇らしげに思っていました。
ですが、船橋から数駅離れた街で暮らしていた頃はまだ中学生だったこともあり、船橋駅で降りてすることと言えば、ショッピングとカラオケくらい。

今の船橋を見てみたい。そんな想いで、数年ぶりに船橋の駅に降り立ちました。

【船橋の基本情報】

駅名:JR総武線・東武鉄道野田線「船橋」
ランドマーク:意富比神社(おおひじんじゃ)

■東京駅まで一本!JRから徒歩3分の京成船橋駅も利用できる

JR総武線と東武鉄道野田線の2路線が乗り入れる船橋駅。
総武線は、快速と各駅停車の両方が利用でき、快速に乗れば約25分で東京駅に行くことができます。また隣駅の西船橋駅は5路線が通っているので、千葉県内から東京都内のあらゆる地域にアクセスしやすいのが特徴です。

JRの駅構内には「ピーターパンJr. シャポー船橋店」が営業。
千葉県内に9店舗を構える「ピーターパンJr.」は、テレビで紹介されたこともある人気のパン屋さんです。芳しいパンの香りに誘われるように、列をなす人々の姿が見られました。

東武鉄道野田線の入り口はJR総武線の改札横に。
鎌ヶ谷や柏を通り大宮まで行く野田線は、船橋が始発駅のため、どこへ向かうにも座って移動できるのが魅力です。

さらに、駅から徒歩3分の京成電鉄「京成船橋駅」を利用することも可能。
屋根のある連絡通路を通り、駅ビル「船橋FACE」を抜けると改札に出ます。
京成本線を使えば成田空港まで乗換えなしで移動できるので、出張が多いビジネスパーソンも便利です。

駅のバスターミナルからは3路線のバスが運行しています。
電車では約20分かかる、南船橋の巨大ショッピングモール「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」もバスなら乗換えせず10分で行くことができるので、休日も充実しそう。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。