不動産の簡易査定の方法と費用、高く売るポイントを徹底解説!

ライフステージ:暮らし
不動産の簡易査定の方法と費用、高く売るポイントを徹底解説!

所有する不動産を売却しようと考えたとき、そもそも「物件の価値はどれくらいなのか」「いくらで売れるか」などということが気になるでしょう。そんなときは、まず不動産会社に依頼して物件の価値を判断してもらう「査定」をおこないますが、査定にはいくつか種類があります。

呼び名から判断すると簡単にできそうなのが「簡易査定」ですが、これはどのように査定されるのでしょうか?また、費用はいくらかかるのか、気になる点です。

この記事では、不動産売却の初めの一歩となる「簡易査定」について解説し、無料査定の依頼方法をお伝えしながら、不動産を理想の価格で売るために気をつけたいポイントなどをまとめていきます。

不動産売却の第一歩、簡易査定とは?

不動産売却の第一歩、簡易査定とは?

不動産売却の検討を始めたら、まず、最初に何から手をつけるべきでしょうか?売却の仲介を依頼する不動産会社を探すことも大切ですが、対象となる不動産の査定からおこなうことをおすすめします。売り出し価格を決めるときの参考になるものなのですが、この査定はどのようにおこなわれるのでしょうか?

各不動産会社がおこなう査定方法の1つに「簡易査定」があります。これは、実際に物件を見ることなく、物件情報(所在地や築年数、間取りなど)や類似物件の取り引き価格、公示価格(土地鑑定委員会が公表する土地価格)などをもとに算出する方法で、「机上査定」と も言われるものです。

不動産会社に足を運ぶことなく、いつでもどこでも都合の良いときに電話やメールなどで気軽にできるのがメリットです。売却物件がマンションなのか一戸建てなのか、所在地はどこか、面積や築年数、売却時期などを伝えるだけで問題ありません。

簡易査定と訪問査定(現地査定)の違いは?

訪問査定(現地査定)は、簡易査定(机上査定)のデータを踏まえたうえで、不動産会社の担当者が物件のある現地へ出向き、実物の不動産を調査します。さらに法規制やインフラなどの状況も加味したうえで、簡易査定よりも詳細な査定価格を算出することができます。

訪問調査では物件の周辺環境や道路と敷地の位置関係、室内や設備の使用状況、日当たりや眺望など、物件ごとの事情が反映されます。このため精度の高い査定価格となることが簡易査定と異なる点です。

なお、訪問査定にかかる時間は数十分程度ですが、査定額を提示されるまでに数日以上かかるのが一般的です。売却するかどうかを検討し始めたばかりで、下調べとして目安の価格が知りたいという段階には向いていません。確実に売却をするときに利用するべきなのが訪問査定です。

不動産の簡易査定 気になる疑問を一挙解決!

不動産の簡易査定 気になる疑問を一挙解決!

不動産の簡易査定について内容や特徴などがわかりました。ここでは、「費用はどれくらいかかるのか」「査定結果を得るまでの流れ」、そして「査定結果はどこまで正確なのか」などの疑問にお答えしたいと思います。

不動産簡易査定に費用はどれくらいかかる?

インターネットなどで見つけることができる簡易査定は、ほとんどの場合、無料で利用できるので便利です。三井のリハウスも売却の簡易査定は無料となっています。

なお、簡易査定後に本格的に売却を開始するときには、不動産売却にかかる税金や登記費用などの諸費用もかかってきます。以下で概要を説明しましょう。

不動産売却時に必要な費用① 税金

不動産の売却にかかる税金には「印紙代」と「所得税・住民税」があります。印紙は売買契約書に貼付するものです。また、不動産を売却したときに得た利益は「譲渡所得」となり、所得税と住民税の対象になります。

不動産売却時に必要な費用② 仲介手数料

不動産会社に売却を依頼すると、不動産会社の担当者は売却の成約に向けて、物件情報サイトに情報を載せたりチラシを作成したりなどの営業活動をおこないます。ただし、これは成功報酬なので、売却がうまくいって売買契約を交わすまで支払う必要はありません。

不動産売却時に必要な費用③ 登記関連費用

不動産売却時には、その所有権を買主に移転する「所有権移転登記」が必要ですが、その登記費用は買主の負担です。売主は、売却した物件に住宅ローンが残っていた場合の「抵当権抹消登記」などの費用を負担し、抵当権抹消には登録免許税のほか、司法書士に支払う報酬がかかります。

不動産売却時に必要な費用④ 測量費など

このほか、売却する不動産が一戸建てで測量がおこなわれていない場合は敷地の測量費や建物の解体が必要であれば解体費がかかります。そして住み替えで売却した場合は引っ越し代などの費用もかかる場合があるので覚えておきましょう。

査定結果はすぐわかる? 申込から査定完了までの時間はどれくらい?

不動産会社に簡易査定を依頼する場合は、気になる不動産会社のホームページなどから申し込むとよいでしょう。専用の無料査定依頼フォームなどが備えられている場合がほとんどです。自分の都合が良いときに、ゆっくりとおこなってください。

簡易査定に必要な入力事項は、物件がある場所の住所や、物件の種類(マンション、一戸建てなど)、間取り、築年数などの情報のほか、自分の氏名、電話番号やパソコンのメールアドレスなどです。すべての必要事項を入力して申し込みを送信するまで約5分程度で完了するほど簡単です。

また、査定結果については、早ければ当日中にメールか電話で連絡が来ることもあります。

簡易査定後の流れは?

簡易査定の結果に満足し、かつ売却する気持ちが固まれば続いて訪問査定に移ります。実際に不動産を売却するとき、売り出し価格の基本になるのは訪問査定による査定価格です。本格的に売却を検討するタイミングで、不動産会社に訪問査定を依頼しましょう。そして、訪問査定を依頼した不動産会社の中から、物件売却の仲介依頼先を選ぶケースがほとんどです。

簡易査定金額はどれくらい正確?

簡易査定は実際の現場の状況を踏まえてはいないため、査定の条件として考慮されない事柄もあり、算出されるのはあくまで概算です。後に、売り出し価格との差が生じる可能性があるということを念頭においておきましょう。

少しでも高く売るためのポイント

少しでも高く売るためのポイント

所有するマンションや一戸建ての売却を考えているならば、少しでも高い査定額を望みたいものです。しかし、査定額はそのまま実際に売れる価格ではないことについて先に触れました。

不動産売却の査定額は、「この価格なら妥当だろう」「買い手が見つかる価格」という予想をふまえたうえでの金額の上限です。もしも、不動産の買い手が出てこなければ売り出し価格を下げざるを得ません。

ここでは、不動産を少しでも高く売るために注意しておきたいポイントを紹介します。

物件情報は詳細なものを用意する

不動産の査定を依頼する際、たとえば一戸建てであれば、土地や建物の登記簿謄本や公図、測量図、建物図面などのほか、権利証や購入時の重要事項説明書なども準備するとよいでしょう。必要となる物件情報が不動産会社によって異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、不動産の査定では基本的な坪数などだけでなく、建物の構造やリフォーム回数、立地や周辺地域の将来性なども結果に反映されます。査定評価に関わる要素のなかでも、不動産の立地によるものを例としてみてみましょう。

まず、最寄り駅からの距離が近いことは高い評価の対象です。駅から徒歩10分以内がその目安になります。さらに、その最寄り駅が特急や快速などが停まる主要駅であること、複数の路線が乗り入れているなど、日常生活で必要な公共交通アクセスに優れている場合は高評価ポイントになるでしょう。

一方で車通勤・通学など車を利用する人の多いエリアでは、最寄り駅よりも駐車場が重視されます。家族それぞれが車を所有するのが一般的となっている地域では、物件の敷地内に複数台の駐車ができるスペースがあることの方が優先順位の高いポイントです。

加えて、ふだんの生活に欠かせないスーパーやコンビニ、学校や病院、市役所などの公共施設が徒歩圏内にあることも高く評価されます。そのほかには、近くに公園や緑地がある、治安が良く静かな環境であることも評価ポイントです。
アピールできそうな施設がないか、物件の周囲をよくチェックしてみてください。

地域の相場も調べる

所有する不動産の周辺にある類似物件がどれくらいの価格で売りに出されているかなど、地域相場と照らし合わせておくことも大切です。不動産の築年数や面積、間取りなどが同じような物件で同じ地域にあれば、似たような価格帯となるでしょう。もちろん不動産市況によって相場は変動することもありますが、ある程度の目安は知っておきたいところです。

自分で相場を調べる方法として、国土交通省が公表している「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」を利用することができます。この資料からは地域の相場が値上がり傾向なのか、値下がり傾向なのかを知ることができるため活用しましょう。

参照URL:
国土交通省地価公示・都道府県地価調査
http://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=2&TYP=0
2019/09/22時点

不動産の査定はノウハウと実績が重要!

不動産の査定はノウハウと実績が重要!

ここまで不動産の簡易査定についてみてきましたが、ある程度の内容がおわかりいただけたでしょうか?では実際に不動産の査定を依頼してみたいと思いますが、誰にコンタクトをすればよいのか、なにに注意すべきかと考えてしまいませんか?

そんなときは、取り扱い実績や査定件数の経験が豊富な不動産会社を選ぶのが安心でしょう。三井のリハウスは全国売買仲介取扱件数トップを誇る最大手です。数多くの売り主に選ばれ続けるのは理由があると思いますが、やはり大手ならではの手厚いサポートではないでしょうか。

中小規模の不動産会社では対応に不安がある人や、売却がはじめてのため手厚い相談体制を求めている人、実績を重視したい人、そして、確実に売却を成功させたいと思う人に向いている不動産会社と言えるでしょう。

5分で完了!三井のリハウス簡易査定の流れを解説

5分で完了!三井のリハウス簡易査定の流れを解説

では早速、三井のリハウスの無料簡易査定を試してみましょう。5分もあれば依頼を送信するところまで簡単に行き着きます。まず無料簡易査定の前に、三井のリハウスが提供している周辺物件の相場を調べてみましょう。

周辺物件相場の調べ方

三井のリハウスの「売りたい」ページから、売却を検討している物件周辺の相場情報やどれだけの購入検討者がいるのかなどの情報がチェックできます。所有物件の所在地を選択し、「マンション」「一戸建て」「土地」の物件の種類を選ぶだけです。「どんな間取り・築年数の物件がいくらで売り出されているか」がすぐにわかり、相場の目安も確認できて便利ですね。

さらに、その物件周辺の不動産購入を検討している人数や希望金額、加えてそのエリアにおける過去10年間の取引実績件数までが一覧でわかりやすく表示されます。売却したい不動産の売り出し価格の相場やニーズが理解でき、今後の売却活動にとても有益な情報となるはずです。

相場チェックはこちらから

簡易査定方法

では実際に三井のリハウスに無料査定を依頼してみましょう。売却を考えている物件の情報と周辺売り出し事例や成約取引事例などから概算価格が提示されます。

①まず、こちらからフォームを開きます。画面の一番下に「無料査定・Webでお申込み」というオレンジ色の長方形をしたボタンがありますので、それをクリックしてください。

②すると、以下のような画面がでてきます。「ご売却物件の所在地を選択」するページです。はじめに、郵便番号または都道府県から売却したい物件の所在地を入力します。

物件の所在地が正しく表示されていることを確認したら、一番下の「無料査定のお申し込みに進む」をクリックします。

③次に出てくるのは以下の画面です。ここでは、「無料査定」でも「簡易査定」または「訪問査定」から選択することができるので「簡易査定」を選びましょう。

④また、画面の下には、以下のように「ご売却希望物件について」という項目があり、物件がマンションなのか一戸建てなのか、物件の所在地などを入力する必要があります。

⑤次に、「お客様情報について」という欄があります。ここでは、氏名、電話番号、パソコンのメールアドレスが必須入力項目となっているほか、任意で携帯メールアドレスや住所を入力しましょう。

また、この記入欄の下には、担当する店舗名や連絡先が表示されます。今後、三井のリハウスと連絡をとりたい場合には、この店舗が問い合わせ先となるでしょう。

⑥この後、自分の性別や年齢などに関する簡単なアンケートについて答え、個人情報保護方針を必ず読み、同意したうえで「無料査定のお申込みに進む」をクリックします。

⑦最後は「入力内容の確認」のページとなりますので、しっかりとチェックしたうえで「送信」ボタンを押してください。以上です。

「査定結果が気に入った」「実際に担当者と話してみたい」などと感じた時は気軽に問い合わせてみてください。無料査定を依頼したからといって、必ず契約を結ばなくてはならないわけではありませんので、安心して相談してみてください。

参照URL:
三井のリハウスの「売りたい」
https://www.rehouse.co.jp/sell/
2019/09/22時点

まとめ

この記事では、不動産売却の流れの中でもはじめのステップとして重要な簡易査定について説明してきました。査定には2種類あることがわかりましたが、これらはどう使い分ければよいのでしょうか?

簡易査定は売却を将来的に検討している場合など、資産価値がどの程度なのかを知っておく段階に利用する一方で、訪問査定は現実的に不動産の売却を考えているときに活用すべきことがわかったと思います。

また、不動産の売却時にかかる諸費用についても理解できたほか、少しでも高く売却するためのポイントや、売却の手始めとなる簡易査定については無料で気軽におこなえることなどについてもクリアになったことでしょう。

簡易査定をおこないポジティブな気持ちで売却をスムーズにすすめられるようにしたいものです。


参考URL:
【不動産売却の第一歩、簡易査定とは?】
https://www.homes.co.jp/cont/sale/sale_00061/
https://www.athome.co.jp/assess/report/knowledge/005.html

【不動産の簡易査定 気になる疑問を一挙解決!】
https://www.rehouse.co.jp/sellers-flow/step01/
https://suumo.jp/article/jukatsu/baikyaku/zeikin/hiyou/
https://www.nomu.com/seller/faq/006.html

【少しでも高く売るためのポイント】
https://www.homes.co.jp/cont/sale/sale_00013/
http://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=2&TYP=0

【不動産の査定はノウハウと実績が重要!】
https://www.rehouse.co.jp/sell/

【5分で完了!三井のリハウス簡易査定の流れを解説】
https://www.rehouse.co.jp/sell/
https://fudosansatei-tatsujin.com/sateisite/mitsuinorehouse/
ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。