中古住宅内見のチェックポイントを解説!不動産のプロと同行するメリットとは?

ライフステージ:暮らし
中古住宅内見のチェックポイントを解説!不動産のプロと同行するメリットとは?

中古住宅は新築に比べて値段の安い物件が多く、マイホームを検討している人の中には中古住宅に興味を持っている方も多いことでしょう。

一方で、以前誰かが住んでいた物件だけに「何かしらのトラブルに巻き込まれたりはしないか」と不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

中古住宅は新築とは違い現物を見ることができるため、実際に住んだときのイメージがしやすい利点があります。もし気になる物件があれば、思い切って内見してみてはいかがでしょうか。

この記事では「内見」とはどんなことをするのかということから、内見の際のチェックポイント、中古住宅で起こりうる回避可能なトラブルなどについて解説します。納得いく中古住宅選びに役立ててください。

不動産の内見、内覧の違いは?

不動産の内見、内覧の違いは?

ご購入を検討している一戸建てやマンションなどを訪れ、室内など実際に見学することを「内見」といいます。

「内覧」と表現することもありますが、内覧は新築マンションをご購入される方が完成前にチェックする機会を意味する場合もあります。

しかしながら、内見も内覧も物件を見学するという意味では同じことを指していると考えてよいでしょう。

内見の重要性とプロに同行してもらうメリット

内見の重要性とプロに同行してもらうメリット

希望条件や資金計画を相談して紹介してもらった物件ですが、実際に暮らすことを考えると、資料の情報だけでは不安な部分もあるでしょう。

内見には不動産知識に精通した営業担当者が同行するため、物件の状態や周辺地域の状況をしっかりと確認できます。プロ目線の専門的なアドバイスが受けられることも、内見のメリットの1つです。

実際に内見をしてみると、資料の画像や写真と異なる印象を受けることもあります。自分にとって許容範囲かどうか確認することも重要です。

中古住宅の資産価値を把握できる

中古住宅というと「古い建物は不安」「素人では気づかない欠陥があるかも」「リフォーム代がかかる?」など、ネガティブなイメージを持つ人もいます。

しかし中古でも手入れが行き届いていれば、新築よりも資産価値の高い物件もあります。中古住宅を選択肢に含めることで、マイホーム探しの幅も広がるのではないでしょうか。

ここからは具体的な内見のポイントを詳しくご紹介します。

内見で確認すべき中古物件のチェックポイント

内見で確認すべき中古物件のチェックポイント

外観のチェックポイント

一戸建ての場合はまず外観を確認しましょう。

チェックポイントは「屋根」「外壁」「軒裏」「基礎」の4つです。

外壁や基礎はひび割れ(クラック)がないかどうかをチェックしてください。幅が0.5ミリ以上だったり、1メートル以上の長さがあれば注意が必要です。

特に、基礎にひび割れがあった場合は家の傾きが心配されます。また、屋根や軒裏はズレや破損、塗装のはがれ、雨どいの破損がないかを確認してください。

室内のチェックポイント

入室する際は、玄関ドアに注意して入ってみましょう。スムーズに開け閉めができるでしょうか?そうでない場合は、床が傾いている可能性があります。ほかにも扉や窓があれば、スムーズに開閉できるかチェックしてください。

また、壁のひびやクロスのはがれ・浮き、キッチンのシンク下が水もれしていないかをチェックするほか、においも確認してください。

クローゼットや押し入れなど、居住者が在宅であれば了承を得たうえで、開けられる箇所は開けてみて、カビ臭くないかなどを確かめることも大切です。

プロに任せるチェックポイント

自分の五感を駆使した結果「なんだか気になる」という部分が出てくることがあります。

そんなときは、プロにおまかせしましょう。例えば、前述したようなひび割れが見つかったとしても、修繕すれば問題なく住める可能性があるなど、プロでなくては見きわめることができない部分もあります。

さらに屋根裏や床下などは家の状態を確認する場所として最も重要な場所です。これらもやはりプロでないときちんとチェックすることができません。

中古マンションのチェックポイント

中古マンションも、室内の場合は一戸建てのチェックポイントと同じですが、外観についてはまず管理組合に問い合わせをします。

エントランスやエレベーター、廊下などの共有部分をきちんと確認するためには、専門家に診断してもらうしかなく、その場合は組合の合意が必要になります。

なお、修繕計画や大規模な修繕のために、修繕積立金がきちんと積み立てられているかなどは、不動産会社を通して確認することができるでしょう。

売主様居住中も遠慮せずに内見のお申し込みを

売主様居住中も遠慮せずに内見のお申し込みを

中古住宅を検討しているとき、気になる物件が空室であるとは限りません。売主様がまだ居住中であるにもかかわらず、販売活動しているケースは多々あります。

このような場合、物件の購入検討者が売主様に遠慮してしまい、「思う存分内見することができない」ということが起きがちです。

しかし、人生最大の買い物となるケースの多いマイホームです。最低限の礼儀は必要だとしても、遠慮することなく、後悔のない内見をしましょう。売主様も売りたがっていることを忘れないでください。

クローゼットや押入れも見せてもらう

住居内でもとくに気になるもののひとつに、収納スペースがあります。

クローゼットや押し入れには、居住者の荷物がたくさん入っているでしょうが「収納まで見るのは申し訳ない」と思わずに、堂々とチェックしましょう。事前に不動産会社を通して売主様の了承を得ておけば問題ありません。

収納内をしっかりと確認すべきなのは、そのスペースがどれくらいあるかだけでなく、収納内の壁や天井などに雨もりの染みやカビがないか、劣化が進んでいないかといったこともチェックしておく必要もあるからです。

点検口内部の確認も

建物の点検に欠かせない点検口も大切なチェックポイントです。売主様が居住していたとしても、遠慮せずに点検口内部の確認をしたいことを事前に伝えておきましょう。

多くの住宅では1階の床面に点検口を設けています。また、最上階の天井には、屋根裏を点検するための点検口を設けるのが一般的です。ただし、住宅によっては点検口が無いこともあります。

複数回の見学で納得し、ご購入

売主様が居住中ということで、前述した収納や点検口などの確認以外にも、見学する回数について遠慮してしまうことがあります。「売主様に貴重な時間をとってもらい、何度も見学するのは申し訳ない」と考える人は少なくありません。

ただし、買主様は人生を左右するかもしれないほど高額な買い物をするために見学をお申し出ているのです。売主様も、物件を売りたいのですから、誠意を持って真剣にご購入を検討している姿を見れば、数回の見学希望に対して拒否反応を示す可能性は少ないのではないでしょうか。
また、居住中物件の内見は、売主様と直接情報交換できる機会と考えることもできます。

なお複数回にわたって内見するときは、売主様の承諾を得て、時間帯を変えてみることをおすすめします。午前中と午後のほか、日没後の周辺環境(騒音・治安)なども感じることで、後悔のない中古住宅のご購入につながるでしょう。

意外に多い中古物件のトラブル

意外に多い中古物件のトラブル

中古住宅を検討している際に不動産会社の人から内見をすすめられても、多忙などを理由に内見せずにご購入される方もいます。しかし内見を怠ることでトラブルにつながる可能性も高まります。

購入してからはなかなか申し出しにくいものです。やはり事前にしっかりと内見することが非常に重要となります。

トラブルの中にはご購入後すぐにわかるものと、時間の経過により発覚してくるものがあります。すぐにわかるトラブルで多いのは給湯器や温水洗浄便座など設備の故障です。

一方、白アリや水もれ、雨漏りなど生活を始めてから気づくトラブルもあります。このような場合はトラブルの箇所を写真などで記録し、すぐ不動産会社に連絡しましょう。

トラブル回避の基本「ホームインスペクション」

まず中古住宅の場合、築年数に関わらず「ホームインスペクション」を行うことがトラブル回避の基本となります。

ホームインスペクションとは、住宅診断のことです。住宅の専門家である「ホームインスペクター」(住宅診断士)が、物件の劣化状況から欠陥の有無、改修すべき箇所やかかる費用などを見きわめ、アドバイスをしてくれます。

さらに、もっと詳しく白アリなどの状況を知りたい場合は、専門の業者に依頼することもできます。床下以外にも家の周りも含めてすべてチェックしてもらうことで、より安心して中古住宅のご購入に踏みきることができるでしょう。

重要なのは不動産会社選び

重要なのは不動産会社選び

中古住宅選びは、すべてを不動産会社に丸投げするのではなく、自ら主体的に知識を身につけることも大切です。

まずは、不動産会社のサイトなどで情報収集してみましょう。中古物件の取引に関する実績が豊富かどうか、中古物件に関するサポートが手厚いかどうかもチェックしてみてください。

例えば三井のリハウスでは、「買主様サポート」として設備チェックのサービスを提供しています。

築30年以内の一戸建て・マンションが対象物件となっており、修理・交換対応期間内は何度でも利用可能です。物件の引渡し後2年間の修理・交換費用を三井のリハウスが負担するなど設備故障への不安を解消してくれます。

詳しくはこちら

まとめ

この記事では後悔しない中古住宅選びをするために、まず内見を行い、チェックしておくべきポイントなどを説明したほか、売主様が居住中だとしても礼儀をわきまえたうえで遠慮することなく、内見を行うことをおすすめしました。

また内見の際には、知識の豊富な不動産会社の営業担当と同行することでプロの目線で住宅を確認できます。中古住宅の実績の多い不動産会社であれば信頼できるだけでなく、高品質な設備チェックやサポートサービスがあることもお伝えしました。

特に中古住宅における内見は資料だけでは分からない状況を把握するためにも重要です。
三井のリハウスでは豊富な物件情報と実績に基づいた専門的な知見をお伝えしています。この機会にぜひご相談ください。

三井のリハウス ご購入の流れ

※この記事は2019年10月11日執筆時点での情報に基づいています。


参考サイト:
【不動産の内見。内覧との違いは?】
https://www.homes.co.jp/cont/living/living_00450/

【資産価値のある中古住宅もある】
https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chukoikkodate/ck_sagashi/c0twn118/

【中古物件の内見で気をつけたいこと】
https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chukoikkodate/ck_sagashi/c0twn118/

【売主居住中も遠慮せずに内見申し込みを】
https://www.anest.net/study/chuko_k/livingusedhouse20170209.html

【意外に多い中古物件のトラブル】
https://www.homes.co.jp/cont/buy_kodate/buy_kodate_00345/

【重要なのは不動産会社選び】
https://www.rehouse.co.jp/support/360/buy-facility/
ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。