新居に引っ越したときのご近所への挨拶はどのようにする?

ライフステージ:出産結婚
タグ: 住み替え

新築の一戸建てやマンションの購入は、おそらく人生で一度の機会の方が多いのではないでしょうか。

一方、ご近所づきあいは長く続くものです。気持ちよく暮らしていくためにもご近所への「挨拶」は大切にしたいところです。

挨拶で顔を合わせておくことにより、トラブルを事前に回避したり、問題を小さなうちに解決する効果があります。

挨拶のスタイルは、地域ごとに習慣が異なるため、そこは「郷に入っては郷に従え」がベストでしょう。

ご両親や親戚が暮らしているなら、まずは身近な方々に相談するのが鉄則です。また、不動産販売店やホームメーカーの担当者がアドバイスをくれるケースもあります。

挨拶のタイミングですが、早朝・夜間の時間帯を避け、引越し当日から遅くとも1週間以内にはすませたいところです。その際に、ゴミの出し方や回覧板など、地域のルールについても聞いておくとよいでしょう。

挨拶する範囲をどこまでにするかですが、戸建なら両隣とお向かい、それと裏のお宅の計4軒への挨拶をオススメします。

マンションなら両隣と上下のお部屋でしょう。また、自治会(町内会など)への入会が必須の地域であれば、その会長にも挨拶をきちんとしたいところです。今後、何かのトラブルの際には相談しやすくなります。

挨拶時の手土産は、一般的に日持ちのする菓子折りなどが多いようですが、タオル、洗剤、ラップといった日用雑貨、お茶やコーヒーも人気です。

金額は500~1000円程度が目安といわれています。その手土産の熨斗(のし)は「ご挨拶」の文字と名字を書くとよいでしょう。

ライフステージ: 出産結婚
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。