マンションの購入年齢40歳…平均のタイミングは

ライフステージ:結婚

マイホームを購入するつもりはあるが、どのタイミングで買うべきかわからない…。そんな悩みから、一戸建にしてもマンションにしても、家を買うことに二の足を踏んでしまっているという方も多いのではないでしょうか。

修繕費や維持費などもかかるし、駐車場代なども考えれば、賃貸の方にメリットがあるのではないか…、あるいは資産価値が落ちない街はどこか…など市況を見ながら熟考している人もいるでしょう。

もちろん、20代などで購入をすれば、それだけ早くローンも払い終わるという大きなメリットがありますが、少し遅くなっても頭金を多く払えばいいという選択肢もあります。

結婚、育児、介護という大きな出費が迫られるイベントもあるなかで、とにかくマイホームを早く購入することだけが正解なのか、という疑問は当然あるでしょう。

では、マンションを購入する適齢期というのはいつなのでしょうか?

多くの人が家族や仕事のキャリアなど、ひとつの区切りと考える40歳を基準として考えてみましょう。

40歳でマンションを購入するのは、もう遅いのでしょうか、それともまだ早いのでしょうか。

「平成28年度 住宅市場動向調査 報告書」によると、分譲マンションの世帯主の平均年齢は43.4歳となっています。つまり、世帯主の平均年齢ということで考えると40歳でマンションを購入することは、それほど遅いとはいえないのです。

世帯主の年齢グラフ

そう聞くと、「マンションを買うべきかと悩んでいたけど、まだまだのんびりできるな」と胸をなで下ろしている方も多いかもしれませんが、早合点してはいけません。

平均年齢ではなく、全体の割合ということに着目すれば30代の世帯主の方が40代を上回っているのです。

この傾向は、分譲マンションの一次取得者(初めて住宅を取得した世帯)の年齢分布を見てみると、さらに顕著に浮かび上がります。

世帯主の年齢グラフ(一次取得者)

40代は世帯主年齢の割合とそれほど大きな差はありませんが、30代の割合に限っていえばほぼ半数近くとなっているのです。

これはつまり、分譲マンションを初めて購入する人の半分は30代だということです。

分譲マンションの一次取得者の平均年齢も39.4歳ですので、40歳でマンションを購入するのは平均的な購入者と言えるかもしれませんが、一方で多数派ではないということなのです。

ライフステージ: 結婚

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。