【豊中】抜群のアクセスと豊富なレジャー・グルメスポット。穏やかな暮らしを生み出す“充実した住環境“

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

関西に引っ越してくるまで、大阪のイメージは道頓堀と、トラ柄の服を着たおばちゃんがかっ歩する街……。
ただ、数年暮らすうちにいろんな大阪の魅力を知ることができました。
仕事や遊びで訪れて「住んでみたい」と思える街も増えてきています。

特に、大阪北部・北摂エリアは住みやすいとよく知人からも話を聞きます。とはいえ阪急や大阪モノレールの沿線でも、駅ごとに表情がまったく違うそう。

新しい大阪の街の魅力を知るべく、今回初めて北摂エリアの豊中市に行ってみました。豊中駅周辺を実際に歩いてみたら、住みやすさの一端が見えてきました。

【豊中の基本情報】

駅名:阪急電鉄宝塚線「豊中」
ランドマーク:豊中稲荷神社、服部緑地

■梅田まで12分、大阪空港まで11分の好立地

阪急電鉄宝塚線の豊中は大阪梅田から12分。急行も止まる駅で、都心へのアクセスに便利。十三駅で乗り換えると神戸線と接続でき、神戸三宮にもおよそ41分で到着します。

車で北東に17分ほど進めば、最近どんどん開発が進む千里中央エリアにもアクセス可能。
地元の人によると、日頃の買い物は駅周辺で、洋服や飲食などは梅田か千里中央に出ることが多いそう。

また、隣の蛍池駅で大阪モノレールに乗り換えると、大阪空港まで約11分で到着します。出張や旅行の帰り、空港から自宅までの電車が遠いとさらに疲れますが、これだけ近いと安心。交通の便の良さは、この街の魅力の1つですね。

■駅周辺に大手スーパー、個人店も多くて買い物には困らなさそう

駅南側には駅直結の商業施設「エトレとよなか専門店街」が。スーパー「阪急オアシス」や100円均一ショップ、ドラッグストアなどが入っており、便利に利用できそうです。

また、駅北側のコンコースに戻り、西側に3分ほど歩くとスーパー「ダイエー豊中駅前店」が。日用品の買い物は、仕事の行き帰りの駅前でほとんど済ませそうですね。

商店街には、自然食品のお店・個人経営の青果店・鶏肉専門店などさまざまなお店が軒を連ねています。大型のスーパーやチェーン店にはない、新鮮な食品が手に入るのは嬉しいところ。

駅北口に戻り、豊中駅本町北の交差点を北に3分ほど歩くと、商店街があり
その奥を、さらに北側に行くとスーパー「ライフ豊中店」がありました。
他にも駅の西と北西側に3軒ほどスーパーがあるようで、日頃の買い物にはまったく困らなさそうです。

⇒豊中駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。