【西葛西】スムーズなアクセスとファミリーが楽しめる遊びココロ。暮らしを充実させる生活拠点にうってつけの街。

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

今から10年前、私は東西線沿いの「ある街」で暮らしていました。

東西線は、東京の中野と千葉の西船橋を繋ぐ路線。その中で、千葉に近い駅には何となく寂しい印象を持っていました。千葉と東京の境にある西葛西のことも同様にそう記憶しています。

ですが、今回久しぶりに西葛西の駅に降り立ってみると思わずびっくり。
駅には近代的なアーチ型の屋根がつき、見違えるようにきれいな街並みが広がっていたのです。

「街は、どう変わったんだろう」
わくわくした気持ちで、パッと表情が華やいだ西葛西を探索してみました。

【西葛西の基本情報】

駅名:東京メトロ東西線「西葛西」
ランドマーク:行船公園

■20分以内で都内オフィス街へ。駅周辺はスーパーの激戦区

オフィス街へアクセスしやすい、東西線が通る西葛西駅。
乗り継ぎをせずに、茅場町へは12分、日本橋には13分、大手町なら16分で行くことが可能です。
また、隣駅の南砂町には「南砂町ショッピングセンターSUNAMO(スナモ)」があるので、休日のお出かけも充実しそう。

南口バスターミナルのバスからは、他路線の駅に出ることもできます。
バスで船堀に行けば都営新宿線に、亀戸・新小岩へ行けばJR総武線に接続することができます。また、葛西臨海公園駅まで行けばJR京葉線、武蔵野線に出ることも可能。

スーパー激戦区とも言われる西葛西。駅周辺には、小さい規模の店舗も含めると、10以上のスーパーがあります。
北口の目の前にある「ワイズマート 西葛西店」は、24時間営業のため帰宅が遅くなるビジネスマンも重宝しそう。

南口にあるのは、ディスカウントスーパーの「オーケー 西葛西店」
車50台が収容できる駐車場が併設されているので、まとめ買いにも適しています。夕方には多くのお母さんたちの姿が見られました。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。