【難波】大阪のど真ん中で暮らしを楽しむ。人や場所から元気をもらえる活気ある街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

「大阪の、難波ってどんなところ?」
そう聞かれてまず浮かぶのは、派手な看板が軒を連ね、たくさんの人が行き交う道頓堀の様子。観光地であり遊びに行く場所。それが難波のイメージで、人混みが苦手な私は敬遠しがちな街でした。

今回は、そんな私が難波の暮らしやすさを取材することに。
「とにかく歩き回って、よく知らなかった難波のことを知ってみよう」そう決意して街に訪れてみると、予想もしていなかったこの街の「暮らしやすさ」と出会うことができました。

【難波の基本情報】

駅名:近畿日本鉄道奈良線「大阪難波」、阪神電気鉄道なんば線「大阪難波」、南海電気鉄道南海本線・高野線「なんば」、大阪メトロ御堂筋線「なんば」、西日本旅客鉄道大和路線「JR難波」 
ランドマーク:道頓堀商店会、なんばグランド花月

■電車・バスが絶えず行き交う、アクセス抜群のターミナル駅

難波の魅力のひとつは、大阪随一のターミナル駅だということ。
近鉄・阪神・南海・JR・地下鉄が乗り入れており、東西南北どこへ移動するにも便利。

新幹線が発着する新大阪駅や空路の玄関口・関西国際空港へも乗り換えなしで行けるので、出張や旅行の際にも重宝します。また、電車だけでなく、バスで大阪市内を移動することも可能です。

さらに、JR難波駅直結の「OCAT」内には高速バスターミナルもあるので、難波に住んでいれば、全国どこへでもフットワーク軽く移動できそうです。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。