家を売買するときに知っておきたい「価格指標」とは?

ライフステージ:投資

住宅や土地を売買しようと考えたとき、まず気になるのがその適正価格です。

自分が所有する不動産や、自分が探しているエリアの不動産に、どれくらいの価値があるのか?それを前もって知っていれば、売買するかしないか、売買するならいくらくらいかを判断する指標にもなります。

不動産会社に相談するのが一番簡単な方法ですが、自分で調べて、ある程度の価値を事前に知っておくと、不動産会社に相談する際にも話がスムーズに進みます。

そこで今回は、家を売買する際の価格指標について見ていくことにしましょう。

不動産の価値を調査した4つの公的な価格指標

不動産の価値を調査した公的な価格指標には、主に「地価公示価格」「基準地価格」「路線価」「固定資産税評価額」の4種類があります。さらには、国土交通省がアンケート調査で、実際に行われた不動産取引の価格を取りまとめた「不動産取引価格情報」というものがあります。

ライフステージ: 投資

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。