【赤羽】地方都市と都心のいいとこどり。あたたかみが残る暮らしやすい下町

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

15年以上も前のこと。埼玉に住んでいた大学時代、いちばん身近な東京が赤羽でした。
東京都なはずなのに、どこか垢抜けていなくて、でもたくさんの人が歩いていて、お店もたくさんあって、ご飯を食べに行くのにとても楽しい街でした。

それから数年後。社会人になってから、すっかり赤羽にはご無沙汰していたのですが、下町感あふれる商店街がメディアで脚光を浴び、テレビの食番組などで見かけることが多くなりました。テレビに映った赤羽を見たとき、懐かしさがこみ上げるのと同時に、街が大きく変化していることに気づきました。

下町の趣が残るエリアはそのままに、少し駅から離れたところには新しいマンションが建ち、街がきれいになっているではないですか。さらには、近年「住みたい街ランキング」の常連になりつつあるようです。年々その魅力を増している赤羽。その実情を知るために、久しぶりに街に降り立ってみることにしました。

【赤羽の基本情報】

駅名:JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線・埼京線・湘南新宿ライン「赤羽」
ランドマーク:赤羽一番街商店街

■山手線の東にも西にもアクセス可能。商業施設も充実した便利な駅

東京・北区にある赤羽駅。駅の北側を流れる荒川を越えればもう埼玉県という立地です。
電車は「JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線・埼京線・湘南新宿ラインの4路線」が利用できます。埼京線、宇都宮・高崎線、湘南新宿ラインを使えば新宿まで乗り換えなしで15分。京浜東北線を使えば、東京駅まで17分。このように山手線の西側にも東側にも出やすい駅です。

また、駅の北側へ10分程度歩いたところには、東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅もあります。赤羽1丁目あたりに住むとこちらも利用しやすく、飯田橋・四ツ谷・永田町・溜池山王にも1本で出られます。
JRでもメトロでも、都心の主要駅にアクセスしやすいのは大きな魅力ではないでしょうか。

駅前からは国際興業バスが運行しています。西口側は高台になっていて、そこが大きな団地になっているためバス路線も頻繁に利用されている様子です。また、ほかの駅への行き先も豊富で、「高円寺」「練馬」などへの直通バスもありました。

また、複数路線が走る赤羽駅は交通の要所であり、駅ナカや駅直結の店舗も充実しています。

駅ナカ(改札内)にあるのは「エキュート赤羽」。カフェやお蕎麦屋さんなどの飲食店の他お菓子屋さん、本屋さん、花屋さんなど充実のラインナップです。

また、改札を出ると駅直結の「ビーンズ赤羽」を利用できます。この中に「生鮮食品館富士ガーデン」や「カルディコーヒーファーム ビーンズ赤羽店」のほかお惣菜屋さんなどが入っています。日常的な食品からちょっといいものまでこちらで揃えることができそう。

また、スターバックスコーヒーやドトールなど、カフェチェーンも複数入っているので、待ち合わせやちょっと一息つくスポットとしてもぴったりです。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。