【塚口】駅前「さんさんタウン」を中心に、食と映画の文化が根付くコスパ良好の人気地区

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

阪急塚口駅にある「塚口サンサン劇場」。
関西の映画好きが遠くから訪れる人気の映画館です。私も映画好きの知人から「セレクトがシブいし椅子が良いので、サンサン劇場は押さえておくべき」と紹介され、一度訪れて以来、何度も通うように。

そしてカレー屋、イタリアンなど、映画の帰りにちょうどいいボリュームと価格の個人経営のお店が駅周辺に多いのも魅力的でした。東京でいうと中野駅など中央線のアングラな香りに近いものがありますが、路地を一歩入ると静かな住宅街が広がります。

映画も食も大好きな私にとって、阪急塚口はかなりリアルな移住先候補。
そして気になるのは、どうやってこの独特の文化が育ったか。実際に街を歩いて確かめてみることにしました。

【阪急塚口の基本情報】

駅名:阪急電鉄神戸線・伊丹線「塚口」
近くに通っている路線:JR西日本神戸線「塚口」
ランドマーク:塚口さんさんタウン

■大阪梅田まで約9分、三宮まで約21分。通勤特急も停まるアクセスの良さ

「住みたい街ランキング2019 関西版」では、ランキング常連の近隣駅「西宮北口」が1位になったものの、阪急塚口も「穴場」として紹介されていました。

理由は、梅田に約9分・三宮に約21分で行けるアクセスの良さと、その割に家賃が安いこと。駅前の「塚口さんさんタウン」や駅北のショッピングセンター「つかしん」など、商業施設も充実しています。

通勤特急が停まるので、朝の通勤時はほとんどの電車に乗車可能。阪急伊丹線も通っています。伊丹市立美術館では「ミッフィー展」など、おもしろい展示が開催されているので、気軽に行けるのもいいですね。

駅南口のロータリーからJR尼崎・阪神尼崎やショッピングセンター「つかしん」までのバスも出ています。「つかしん」にはユニクロや無印良品の他、ジムやスーパー銭湯もあるので子供連れや一人でも楽しめます。

「阪神尼崎」行きのバスに乗れば尼崎市役所にも行けるので、住民票の取得や様々な手続きなどはしやすそう。

JR塚口は、阪急塚口から東側に徒歩13分ぐらい。駅前には大きなマンションが立ち並びます。地元の方によると、駅周辺のマンションだけで4000人ほどの方が住んでいるようです。周りはキレイな建物が多く、静かな雰囲気。

JR塚口近くには、「上坂部西公園(かみさかべにしこうえん)」も。阪急塚口周辺では一番大きな公園です。川が流れ、竹やもみじが美しく咲き、休日にはピクニックを楽しむ子供連れも多いそうです。

上坂部西公園の近くには、音楽や演劇の公演が行われる「兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター」が。何かしらのイベントが毎日行われているそうです。こういった施設が身近にあると、文化に触れる習慣ができそうですね。

⇒塚口駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。