【塚口】駅前「さんさんタウン」を中心に、食と映画の文化が根付くコスパ良好の人気地区

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

■「さんさんタウン」やスーパー、銀行。駅前に便利なお店が充実

阪急塚口に戻ってきました。今度は駅の北口側を歩きます。

地元の方から「銀行が多い」と聞いていたので、確かめてみました。北側には徒歩5分以内に三菱UFJ銀行、三井住友銀行(「信託」も)、尼崎信用金庫。南側にはみずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などなど、確かにほとんどの銀行が駅近くに揃っていて、何かと便利。

奈良や大阪から来た人に話を聞いてみると、塚口は物価が安いとのことでした。スーパーが多いからでしょうか。北側には「いかり塚口店」などがあるので、買い物もしやすそうです。

駅に戻り、次は「塚口さんさんタウン」がある南側を散策することに。

塚口さんさんタウンの1階・2階にスーパー「ダイエー塚口店・イオンフードスタイル」が入っています。1階には家電量販店も隣接。

4階から上には尼崎市役所のサービスセンターが入っています。住民票の写しの発行や子育て支援の手続きなど、ほとんどの業務がこちらで済むようです。
「塚口さんさんタウン」の南側には警察署もあるので、免許の更新など、引っ越してからの手続きが一挙にできそう。

冒頭に紹介した映画館「塚口サンサン劇場」は、この「塚口さんさんタウン」1階にあります。人気の理由はハリウッドの大作からミニシアター系の映画まで、幅広くこだわった上映作品を常にラインナップしているところ。取材当日もバリエーション豊かなラインナップ。

また、これはいろいろな意見があると思いますが、映画好きには「関西の劇場で一番トイレがキレイ」と有名だそう。身近に映画館があると、一人でもお子さんがいても気軽に来られそうです。

そして映画館とは反対側の「塚口さんさんタウン」1階南側には飲食店街が広がります。
うどん・中華料理店などが並ぶ飲食店街は、昭和レトロな雰囲気を感じる、なかなか「濃い」印象です。

北側には銀行やスーパーが多く、南側はさんさんタウンを中心に行政施設や飲食店・映画館もあるので、最寄り駅だけでいろんな過ごし方ができますね。

⇒塚口駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。