【草加】市がリノベーションを支援!歴史をいつくしみ、新しく生かす街づくり

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

江戸時代、日光街道で江戸から2つ目の宿場町だった草加。昔から多くの人でにぎわう街です。

草加といえば、ほとんどの人が思い浮かべるのが「草加せんべい」でしょう。今でも駅に降り立つとせんべいを焼く匂いが……してくるかというと、そんなことはなく、約30年前に再開発された駅前には大きな商業ビルが建ち、近代的な雰囲気。

また、最近は古い建物のリノベーションによって、おしゃれな店が続々登場しているそうなのです。歴史ある街・草加の今を知るため、実際に街を歩いてみました。

【草加の基本情報】

駅名:東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「草加」
ランドマーク:アコス・宿場町通り(旧日光街道)

■北千住まで10分。特に東京の東側へのアクセス抜群

乗り入れ路線は「東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)」。
路線こそ1本ですが、浅草駅に向かう列車の他に、東京メトロ日比谷線直通と半蔵門線直通の列車があり、乗り換えなしで行ける主要駅が多いのがポイントです。

たとえば、日比谷線直通に乗ると北千住駅まで10分、上野駅まで26分、秋葉原駅まで30分、銀座駅まで43分。半蔵門線直通に乗ると大手町駅まで33分、神保町駅まで42分、表参道駅まで47分、渋谷駅まで54分。都内通勤者に人気なのも納得です。

東口と西口の両方に大きなバスターミナルがあり、東武バス、国際興業バスの他、成田空港や羽田空港行きの空港連絡バスも出ています。

2016年からは、「コミュニティバス」も運行を開始。病院や公民館、公園などにも行きやすいと好評のようです。また、車利用者にとっては「越谷レイクタウン」「IKEA新三郷」「コストコホールセール 新三郷倉庫店」「ららぽーと新三郷」といった大型モールが地理的に近いのも魅力的。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。