【茨木】買い物充実、カフェ&公園でゆったり。人がつながり文化が息づく街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

家でも職場でもない、第三の場所「サード・プレイス」。ハワード・シュルツ氏が自身の経営するスターバックスコーヒーをそう定義づけたことでその言葉が広まりました。

一人にもなれるし、逆にそこで人と出会うこともできる空間。スタバが何店舗もあればいいわけじゃなくて、そういう「余白」みたいな空間がたくさんある街に魅力を感じます。

では、なぜサード・プレイスや「余白」が多い街に惹かれるのか。それは「家族や職場の人には見せられない素の自分を開放できる」「素の自分を受け入れてくれる仲間や場所がある」といった、安心感や充実感が得られるからなのかも。

今回訪れた茨木市は、最近どんどん移住者が増えていると評判の街。この街の何が人を惹きつけるのか?サード・プレイスと呼べるようなスポットはあるのか?確かめるために取材に向かいました。

【茨木市の基本情報】

駅名:阪急電鉄京都線「茨木市」
近隣に通っている路線:JR京都線「茨木」
ランドマーク:茨木市中央公園・茨木神社

■大阪梅田まで17分。特急も停車、JRも近いアクセスの良さ

阪急電鉄京都線の茨木市駅は、大阪梅田駅まで17分。通勤特急・特急・急行が止まるので、大阪の中心地まで手軽にアクセスできます。また、乗り換えなしで京都の繁華街「河原町」にアクセスできるのも魅力のひとつです。

西側には、JR茨木駅があり、バスに乗れば約7分で到着

主要な路線である、阪急とJRを両方使えるのは、通勤にも通学にも便利。
アクセスの良さは、間違いなく、この街の魅力のひとつです。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。