【海老名】テーマパークのような駅前と自然いっぱいの住宅街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

首都圏で車を利用する人なら、よく耳にする「海老名」の名前。
様々なグルメが楽しめるサービスエリアが有名で、1日の平均利用客数はなんと日本一なのだとか。

実は、海老名の駅前も同じように賑わっていて、半屋外の大型商業施設「ビナウォーク」「ららぽーと海老名」が駅に隣接。カラフルな駅前はまるでテーマパークのよう! 駅を出た瞬間から思わずウキウキ気分です。

東京都心にも横浜にもアクセスのよい海老名は、ベッドタウンとして今もなお開発が進んでいて、ファミリーで住むのにとても便利な環境。駅から少し離れると田んぼや川があり、自然も残っています。

都市型の便利さと自然がうまくミックスしている街。
その魅力を探ってきました。

【海老名の基本情報】

駅名:小田急小田原線・相鉄本線・JR相模線「海老名」
ランドマーク:ビナウォーク・ららぽーと海老名

■3路線の乗り入れで、新宿・横浜への通勤に便利

3つの路線が乗り入れている海老名駅。
小田急小田原線はすべての電車が停車し、常磐緩行線に乗り入れています。急行を使えば新宿まで約50分で行くことができます。

相鉄本線は海老名が始発なので座って通勤も可能。こちらも特急電車まで停車し、埼京線に乗り入れています。急行に乗れば横浜まで直通35分。

相模線は茅ヶ崎〜八王子方面を結ぶ路線で、これに乗れば1本で海まで遊びに行けます。

大きな駅なので、バスも路線・本数ともに充実。また、羽田空港行きの高速バスも出ているので、出張や里帰りの際も便利です。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。