【つくば】子どもに国際感覚と最先端の教育を。移住者が増え続ける研究都市

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

茨城県つくば市。
JAXA(筑波宇宙センター)など、日本の最新科学の研究機関が集まる学術研究都市です。

市をあげて教育にも力を入れており、平成24年度から市内の全公立小中学校を中高一貫教育にするなど、独自の教育プログラムを採用しています。「高度な教育を市の子ども全員に提供している」国内有数の“教育の街“で、東京をはじめ他県からわざわざ引っ越してくる子育て世帯も多いそう。

また、研究機関や筑波大学にやってくる外国人も多いため、非常にグローバルな都市でもあります。そのため各国の本場の味が楽しめるレストランやおいしいパン屋さんがたくさんあるのだとか。

なんだか他のどの街とも似ていない個性がありそうな街。
日常の様子を見に出かけてみました。

【つくばの基本情報】

駅名:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「つくば」
ランドマーク:筑波山・筑波大学・JAXA

■秋葉原まで45分!都内への通勤も可能です

つくば駅はつくばエクスプレスの始発・終点駅。快速に乗れば秋葉原まで45分で出ることができます。乗り継ぎをすれば東京駅まで1時間10分。

茨城県というと都心から距離があるようなイメージがありますが、これなら毎日の都内通勤も可能です。この日初めてつくばエクスプレスに乗ったのですが「もう着いたの!?」と驚きました。

駅と住宅街、駅と市役所などを結ぶのは、関東鉄道バスとコミュニティバス「つくバス」。駅のバスターミナルは円状の乗り場に番号が振られていて、とてもわかりやすい!

 

また、バスで東京へ出ることもできます。成田空港への直行バスもあるので出張にも便利です。さらに、つくば中央インターや谷田部インターなどが近いため、都心・千葉方面へ車で出るのも簡単です。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。