【大泉学園】暮らしやすさを追求した歴史の長い住宅街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

今でこそ東京都心にはベッドタウンとして発展した地域がたくさんありますが、なかでも練馬区の大泉学園は歴史の長い街なんだそうです。

住宅街としての開発が始まったのは90年前!(なんと戦前)
地図を見ても、駅の北側は格子状に区画が整理されているのがわかります。

そんな大泉学園は、いまだに「過去の街」となることなく、子育てがしやすい街として人気があり、多くの若い家族世帯が移り住んでいます。

実際に街を歩いてみると、人気が集まるのも納得の「暮らしやすさを追求した工夫」が街のあちこちに見られました。

【大泉学園の基本情報】

駅名:西武池袋線「大泉学園」
ランドマーク:東映アニメーションミュージアム

■電車は1路線だけど、乗り入れ路線が多く移動も便利!

大泉学園駅で利用できる路線は西武池袋線の各駅停車のみ。
池袋まで直通17分、池袋で乗り換えが必要になるものの新宿へも約30分で出られます。

1路線しかないのは不便かと思いきや、東京メトロ有楽町線(1時間に2本)・横浜高速鉄道みなとみらい線(1時間に1本、副都心線・東急東横線を経由)に乗り入れており、元町・中華街まで1本。意外と乗り換えなしで出られる駅が多いです。

また将来的には、都営地下鉄大江戸線が、大泉学園町を通り所沢まで延伸される計画があるそう。これが実現したら、さらに交通の利便性が高くなりますね。

駅は高架になっていて、下にはバスロータリーがあります。バス路線も充実していて、他路線の主要駅までバスで行くことも可能です。吉祥寺や阿佐ヶ谷、成増、朝霞、光が丘など、大泉学園駅からバス一本で行けるエリアも多くあります。

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。