【千里丘】停車するのは普通電車のみの穏やかな街。だけど交通も買い物も便利

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

関西にお住まいの方であれば、「北摂(ほくせつ)」と呼ばれる地域のことをご存知でしょう。大阪北部にある7市3町の地域のこと。一般的には“緑豊かで教育熱心な家庭が多く、治安も良い“など、なんとなく住みやすそうな印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回訪れる千里丘駅は、北摂地域の摂津市にあります。ただ、地図を眺めていると、千里丘駅から10分ほど北東に行けば茨木市、北西に行けば吹田市になるなど、複数の市が交わるエリアであることがわかりました。

このような立地にある千里丘とはどんな街なのか、住みやすい街なのか。実際に街を歩いて探ってみました。

【千里丘の基本情報】

駅名:JR京都線「千里丘」
ランドマーク:市場池公園

■乗り換えなしで新大阪まで10分、梅田まで14分!

JR京都線が通る千里丘駅は、快速や新快速の停車駅ではないものの、乗り換えなしで新大阪まで10分、梅田まで14分。通勤・出張時にとても便利です。

また、2010年には千里丘駅から東へ徒歩10分のところに阪急京都線摂津市駅が誕生。JRと阪急両方の駅が利用できるようになったことで、交通の利便性がさらに高まりました。

千里丘駅前からは、車で15分ほど離れた摂津市役所などへ向かうバスも出ているため、駅から少し離れたところに住んでも不便さは感じなさそうです。

もうひとつ、千里丘の立地の魅力といえば、「万博記念公園」へ車で10分ほどであること。岡本太郎の手掛けた芸術作品「太陽の塔」の印象が強い公園ですが、広大な芝生の広場があったり、「日本さくら名所100選」にも選ばれていたりします。

▲色とりどりのチューリップも咲き乱れる

また、2015年11月には国内最大級の商業施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」が誕生。ショッピングを楽しめる「ららぽーとEXPOCITY」、水族館を主体として動物園や美術館を融合させた「生きているミュージアムNIFREL(ニフレル)」など、休日のお出かけスポットが一箇所にまとまっているのはかなり魅力的です。

▲EXPOCITYの外観。ららぽーとEXPOCITY・生きているミュージアムNIFRELなども同敷地内にある
ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。