新築一戸建て住宅を購入する際の諸費用の節約方法

ライフステージ:暮らし

住まいの購入には大きな費用がかかります。土地や建物の代金の他にも、仲介手数料やローン、登記の費用などさまざまなコストが必要とされますが、ちょっとした工夫や努力で節約できる費用も少なくありません。

土地・建物代金に加え諸費用が必要

一軒家を購入する際に必要な費用は、大きく分けて2つあります。物件の代金と不動産業者に支払う仲介手数料やローンを組むための費用、登記に要する費用、税金などの諸費用です。諸費用の相場は新築の一戸建て住宅の場合には物件価格の3~7%程度とされていますから、3,500万円の物件なら100万円~250万円といったところです。

つまり3,500万円の一軒家を購入するためには、最大で3,750万円程度のコストがかかると見積もっておくことが必要です。

新築一戸建て住宅を購入する際に節約できる諸費用

住まいを購入する際に必要とされる諸費用は、一戸建てかマンションか、あるいは新築か中古かなど、物件の属性によって異なります。新築一軒家の場合には、以下のようなコストがかかってきます。

不動産仲介会社等への支払い

①仲介手数料
②ローン事務手数料

税金や登記費用

③印紙税
④不動産取得税
⑤登録免許税
⑥登記手数料

住宅ローン関連費用

⑦融資手数料
⑧ローン保証料
⑨団体信用生命保険料
⑩火災保険料

その他

⑪水道加入金

このうち⑧⑩は工夫により節約することが可能です。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。