【三宮】関西どこでも良アクセス、買い物便利。海と山に囲まれ暮らしを楽しめる街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

兵庫県の中心地として栄える三宮。
地元の方が言う「神戸」は、JR神戸駅の周辺よりも、三宮の街周辺を指すことが多い印象です。

神戸の大丸百貨店の店内標識に「海側/山側」と書いてあって不思議に思ったことを覚えています。海側=南側/山側=北側なんですが、住む人にはこんな表現が当たり前に通るくらい、海と山が両方とも近くに見える街なんですね。

詩人・最果タヒさんの「『好き』の因数分解」の「神戸」のページには「海と山に挟まっている ジャムサンドのジャムみたいな街」と書かれてありました。確かに三宮は海と山にすぐ行けるサイズ感ながら、都会的で独特の文化があります。

海側と山側の両方を歩き、この街の魅力を改めて味わってみることにしました。

【三宮の基本情報】

駅名:神戸新交通ポートアイランド線・神戸市営地下鉄 西神・山手線「三宮」、JR西日本東海道本線「三ノ宮」、阪神電気鉄道本線・阪急電鉄神戸本線・神戸高速線「神戸三宮」
ランドマーク:神戸北野異人館

■大阪まで27分、奈良や京都にも乗り換えなし。神戸空港も18分

ポートアイランド線・JRだけではなく、阪急・阪神・神戸市営地下鉄も利用できる三宮。ちなみにJRだけ駅名に「三ノ宮」と「ノ」が入るのですが、国鉄時代のなごりだそう。いずれ「三宮」に統一されるようです。

JR東海道本線の三宮から大阪までは27分、京都へも新快速で52分。さらに阪神電鉄の神戸三宮からなんば線・環状線・大和路線が一本でつながっており、1時間半以内で奈良方面へも行けます。

関西の主要都市にスムーズに移動できるので、通勤・通学やお出かけに便利ですね。ポートライナーで神戸空港へも18分なので、出張や旅行のときにも嬉しい好アクセス。

地下街「さんちか」で各路線はつながっているので、雨の日の移動も安心です。

地下から、「KOHYO」「イオンスタイル」「いかりスーパー」などスーパーマーケットにも行けます。

ふだんの食料品の買い物は駅近くで済みそうです。

駅前は段階的な再開発の途中で、神戸市によれば2021年春頃に新たな「神戸阪急ビル東館」が完成し、2025年には西日本最大級のバスターミナルもできる予定。これから、さらに移動や買い物がしやすい街になっていきそうですね。

⇒三宮駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。