【吉祥寺】豊かな自然が生む「肩の力が抜けたムード」が魅力。利便性も兼ね備えた“いいとこ取り“の街

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

 

「住みたい街ランキング」では常にトップにランクインしている吉祥寺。
駅前には大型の商業施設や、多くの店が並ぶ商店街があり至便な街として知られています。
それだけでなく、緑豊かな井の頭公園で気軽に緑と触れ合えるのも魅力。
そんな暮らしと自然が共存した街、吉祥寺。

隣駅に住む筆者も幾度となく吉祥寺の街を訪れてきました。
ですが、買い物やカフェでお茶をする程度。ですので、生活を営む場所という見方はしたことがありません。
今回は、そんな私が「暮らす」を視点にして街を歩いてみました。

【吉祥寺の基本情報】

駅名:京王井の頭線・JR中央線・JR総武線「吉祥寺」
ランドマーク:井の頭恩賜公園・サンロード商店街

■井の頭線で渋谷まで座って移動できる。羽田空港行きのバスも

京王井の頭線・JR中央線・JR総武線が乗り入れる吉祥寺駅。
井の頭線は吉祥寺が始発駅のため、下北沢や終点の渋谷まで座って移動することができます。
中央線の快速に乗れば新宿には約15分で行くことができ、東京なら30分で到着。
東京メトロ東西線直通の列車も通るため、大手町や日本橋まで乗り換えせずに行くこともできます。

また、駅周辺には北口と南口合わせて多数のバス停があります。

吉祥寺から三鷹の間を行き来する「ムーバス」は一律100円(未就学児は無料)で乗車が可能。小さな子ども連れや高齢の方の移動にも活躍しそう。

 

また、銀座から四谷・新宿を通る深夜急行バスに乗れば終電を逃してしまっても安心。羽田空港行きのリムジンバスも発着するので旅行や出張が多い人は重宝できそうです。

⇒吉祥寺駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。