【清澄白河】アートとコーヒーが香る、のんびりとした川沿いの都心

ライフステージ:エリア
タグ: 住み替え

江戸時代から川沿いの物流の街として栄えた清澄白河の街。近代に入ってからは倉庫に加え、町工場も多く作られました。物流機能が少なくなった現在は、工場や倉庫がリノベーションされ、おしゃれなカフェやアートギャラリー、ショップなどに生まれ変わっています。

大きなショッピングモールはないけれど、こだわり抜かれた個人経営のお店が並ぶ清澄白河は、多くの人が食事や街歩きをしに訪れる人気の街。

街には昔ながらの商店が残る下町の雰囲気もありますが、駅の周辺はここ10年の間で再開発が進み、高層マンションが建てられ、家族世帯が移り住んできているようです。

多くの人に愛される清澄白河の街を、今日は「暮らす目線」で歩いてみました。

【清澄白河の基本情報】

駅名:都営地下鉄大江戸線、東京メトロ半蔵門線「清澄白河」
ランドマーク:清澄庭園

■駅を通る2路線のほかに、徒歩圏内やバスで利用できる駅も多い

清澄白河駅を通っているのは都営地下鉄大江戸線、東京メトロ半蔵門線の2路線。2つの路線は地下でつながっています。

半蔵門線に乗れば大手町までわずか7分、渋谷まで25分。大江戸線に乗れば新宿まで30分。乗り換えなしで出られるオフィス街が多く、通勤にも便利な立地です。

加えてどちらの路線も、混雑調整のため朝の通勤ラッシュ時には、清澄白河駅が始発になる電車があります。それに乗れば座って通勤することも可能。

さらに、このあたりは複数路線が並行して走っており、清澄白河駅の北にある都営新宿線「森下駅」へも徒歩10分、南にある東京メトロ東西線「門前仲町駅」へも徒歩15分と近く、住むエリアによってはこちらの駅も利用できそうです。

また、地下鉄出口付近にはバス停があり、他の路線駅へ出ることもできます。たとえば総武線「亀戸駅」や「秋葉原駅」行き、東京メトロ東西線「葛西駅」行きなどがありました。

様々な路線へのアクセスがよく、都内のどこに出るにも便利な街です。

⇒清澄白河駅周辺の物件一覧をみる

ライフステージ: エリア
タグ: 住み替え

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。