一軒家購入のチャンスはいつ? マーケット情報と住宅ローンの関連性

ライフステージ:暮らし

一軒家を購入したいと思ったとき、まず気になるのはご自身の財布(預貯金や金融資産など)の状態や、「今、一軒家を購入すると得をするのか、損をするのか」ということなどではないでしょうか。一軒家購入は数千万円単位の高い買い物であり、ほとんどの場合、数十年のローンを組んで返済していかなければなりません。ここでは不動産マーケットや住宅ローンの視点から、一軒家購入について考えていきます。

住宅ローンの金利が1%違うだけで返済総額はこれだけ違う

一軒家購入の資金は「自己資金と住宅ローンを併せて用意する」という人がほとんどでしょう。そこでまずは住宅ローンの返済総額をシミュレーションしてみましょう。

借り入れ条件:借入額2000万円、35年ローン、元利均等返済
借り入れ全期間金利1%の場合……返済総額 23,711,746円
借り入れ全期間金利2%の場合……返済総額 27,825,861円

※参考サイト 住宅保証機構株式会社「返済額の試算」
https://www.hownes.com/loan/sim/repayment.asp

返済総額の違いは4,114,115円に及ぶことが分かります。同じ金額を借り入れるなら、少しでも低金利のタイミングで借入れができるといいというのが、お分かりいただけると思います。

マーケット情報と住宅ローン金利の関係

ところで「景気が良くなれば、住宅ローン金利は上昇する」「景気が悪くなれば、住宅ローン金利は下がる」ということは、なんとなく理解している方も多いでしょう。今日の日本では長いあいだ、住宅ローンの金利が低い状態が続いており「これ以上、金利が下がる余地はない」と予測する専門家もいたほどです。

一般に、景気が下落しきってから上昇に転じる頃には、「低金利のうちに住宅ローンを組んでマイホームを購入しよう」と考える人が増えます。また景気が良くなると、資金に余裕ができた会社が工場や店舗などの新規建設や増築などを検討し始めます。建設に必要な資材が高騰し、職人さんの人件費も上昇するため、住宅建設費がかさみます。そのため「低金利のうち、一軒家を購入しよう」と考える人も多いでしょう。

賃貸でなく一軒家を選ぶときは「そこで10年、20年と長く住む」ための物件を探す人が多いでしょう。好景気のときには、建築部材も良質なものが選ばれる傾向が強くなりますが、不景気になるとコストを抑えるために安価な部材が使われることもあります。長く住み続ける物件だからこそ、価格や品質面で妥協するのか、それとも隅々まで満足のいく選択をするのか、というのも大きなポイントです。
また、一軒家を購入すれば、新しくしたくなるのが家具・インテリアなどです。日本は家具・インテリアなどを輸入に頼っている部分が大きく、日本の景気が悪化し、円安に陥っている場合には輸入品の価格が高騰します。「こんなインテリアを買いたい」という希望を叶えるために、多くの費用がかかる可能性も出てきます。

そのため「金利が下がるときが一軒家購入のベストタイミング」というわけではないのです。

ライフステージ: 暮らし

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。