CONCEPT

ギャザリング・プレイス「集いの島」という愛称を持つオアフ島に、
新たな憩いの場として開発が進められている「ワードビレッジ」
かつて、ヴィクトリア・ワードとその夫カーティス・ペリー・ワードによって開発されたこの地は、
過去から現在、そして未来へと日々刻一刻と常に進化を続けます。

DISCOVER OF
WARDVILLAGE LIFE

広々とした公園を中心に、高層レジデンス、高級レストランから
ローカルに愛される地元グルメ、最新トレンドを発信するショップなど
130店を超える店舗やシネマコンプレックスが立ち並ぶ。
また近年中に、オアフ島西部カポレイ地区からダニエル・K・イノウエ国際空港、
ワードビレッジ、アラモアナまでを結ぶホノルル市営鉄道
「ホノルル・レール・トランジット」の全区間が開業予定。

ヴィクトリア・ワード・パーク
テーマは、集まる。憩う。楽しむ。
かつてこの土地を所有した女性の名前を冠した「ヴィクトリア・ワード・パーク」は、1.5エーカー(約6000㎡)もの広大な敷地に作られた、海まで続く緑豊かな公園。そこではハワイアンミュージックライブやヨガ教室、映画上映など様々なイベントが開催され、あなたのハワイアンライフに彩りを添えます。
ワードビレッジ・ダイニング
メリマンズ、ロコ御用達のカカアコキッチンなど、
話題のレストランやフードショップが
続々オープンしている、ワードビレッジ。
心もお腹もハッピーなれる、至福のひと時を堪能できます。
ワードビレッジレジデンス
7万3千坪に及ぶ土地に、全く新しく「街」
をつくる都市計画が進行中。
今後10数年かけて、14棟のコンドミニアムや130を超える
ショップやレストランがこの街を彩る。