平均二〇〇㎡超。
細部にまでいきづくクラフツマンシップと
美学に満ちたアートピース。

アルチザンたちの思想と情熱が体現した
「オパス有栖川」。
それらが体現する日本の美意識は、
住まう方の心の在り様を整え、
価値ある暮らしをもたらしてきた。

そして今、現代のアルケミストと呼べる
建築家たちのまなざしで
平均二〇〇㎡をも超える室内空間を見つめ直し、
新たな息吹とさらなる美しさをもたらす。

Concept Room #405 Designed by Gwenael Nicolas がメディアで取り上げられました。

コンセプトルーム

現代のアルケミストと呼べる建築家たちが
室内空間に新たな息吹をもたらし、
「オパス有栖川」の次世代へとつながる生命を宿していく。

Concept Room # Gwenael Nicolas

コンセプトルームを公開いたしました。

see more

NEW

Concept Room # 調和と再発見

コンセプトルームを公開いたしました。

see more

建物デザイン

オパス有栖川の価値を高めたのは、
彼らの思想と情熱にほかならない。

see more

コンセプト

環境、建物、室内を
一貫して繋いでいく価値観や美学。

see more

有栖川ロケーション

かつては有栖川宮家の新邸用地だった
有栖川宮記念公園は、
皇族の住まいにふさわしい条件を兼ね備えていた。

see more

実績

オパス有栖川を継承してゆく、
株式会社リビタとNTT都市開発株式会社。
後世に受け継がれる社会の財産としての住まいを
創造しています。

see more