エントランス・アプローチ

デザイン

オパス有栖川のリノベーションプロジェクトを
はじめるにあたり、この稀有な邸宅を生み出した
匠の意思や価値を学び、
その思想を継承することを本懐として
本プロジェクトは始動した。

日本を代表する邸宅街のひとつに佇むオパス有栖川。
この住まいが人を惹きつける理由は、立地だけではない。
道路からエントランスが直接見えない奥ゆかしさ、
広大なスケールが叶えるゆとり、低層の凜とした佇まい、
そして心の奥深くで感じられる名状しがたい何か。
オパス有栖川の根底には、
住まいをつくりあげた職人たちの思想と情熱が流れている。
この空間が体現する日本の美意識は、
住まう方の心の在り様を整え、価値ある暮らしをもたらす。
エントランスに立ったとき、もし共鳴するものがあったなら、
それは建物に選ばれているということ。
オパス有栖川という住まいに誇りと愛着をもち、
豊かな時間を重ねていただきたい。

「オパス有栖川」誕生の時、
未来を見据える眼差しで臨んだ3人の匠。
その思想を引き継ぎ、建築の記憶を重んじながら
慈しむような思考と考察のプロセスを経て、
新たな住空間をつくりあげる
プロジェクトをスタートさせました。