定率法【ていりつほう】

毎年末の未償却残高に一定の率を乗じて減価償却額を算定する方法です。定率法を選択するときの手続きとして「所得税の減価償却資産の償却方法の届出書」で償却方法を定率法を選択する必要があります。特徴として初期に減価償却費を多くし、年が経つに従って減価償却費が一定の割合で逓減するため、機能的減価の生じやすい固定資産に適しています。

カテゴリ 税金
ご購入・ご売却の流れ 受付・相談 / 物件調査・価格査定 / 確定申告
50音 「て」