配偶者の税額軽減【はいぐうしゃのぜいがくけいげん】

相続税の納税金額を計算するときに認められている税額控除のひとつです。相続や遺贈によって財産をもらった人が配偶者の場合に、別表の計算式で求めた金額が控除されます。控除額の目安としては、配偶者が相続した財産が、法定相続分(法定相続人が配偶者と子どもの場合は2分の1)以下の場合、または1億6,000万円以下の場合は、配偶者の相続税はゼロになります。この税額軽減を受けるには、納税額がゼロでも相続税の申告が必要です。

カテゴリ 税金
ご購入・ご売却の流れ 受付・相談 / 資金計画 / 物件調査・価格査定 / 確定申告
50音 「は」