取引態様【とりひきたいよう】

不動産取引において、宅建業者の立場を示したものです。取引態様は主に次の3種類で、「売主」、「代理」、「媒介(仲介)」があり、宅建業者は不動産売買等の広告等をするときに、今回の取り引きがどの態様で行われるものなのかを購入希望者等に対し、明示する義務を負います。

カテゴリ 法律
ご購入・ご売却の流れ 受付・相談 / 売買契約
50音 「と」