London

Area
エリア概要

世界中の人を魅了する街、ロンドン。

世界で最も来訪者の多い街

歴史、文化、芸術、経済、教育、エンターテイメント。
すべての流行の発信地となっているロンドンは不動産投資においても、世界中の投資家から着目されている。伝統的に、ヨーロッパ、中東、アジア、アフリカなどからの資金流入が盛んで、過去の推移から分析すると、ロンドンにおける不動産価格は郊外も含めて右肩上がりと言えるだろう。
特に近年はアジアからの投資が盛んになり、日本企業の投資も増加しており、それに合わせて日本人の投資家も着実に増加している。例えば、ハイドパークに面しているような超高級住宅から、郊外の住宅、または金融街のビルに至るまで幅広く取引が行われている。
今後も様々な側面から人を惹きつけるロンドンは、不動産を含めた投資好適国として推移していくだろう。

伝統と再開発の共存

歴史のあるロンドンでは、伝統と革新が共存している。
例えば著名なBBCテレビジョンセンターやバタシー発電所、また誰もが一度は映画で耳にしたキングスクロス駅の周辺でも、数多くの再開発が行われており、今なお街の様相は変化している。
ロンドンの開発において特徴的なのは、開発方法として、日本のような”スクラップ&ビルド”ではなく、既存住宅を利用した”コンバージョン”を多く採用していることが挙げられるだろう。伝統的にロンドンでは、歴史のある住宅の価値が高く、多く好まれる傾向にある。そのような再開発は世界的にもロンドンが最も特徴的であり、再開発後のオフィスには優良企業が多く入り、またそれが経済の発展に寄与することとなるだろう。もちろん住宅においてもリノベーションが盛んであり、築100年を超えているような物件を市場で目にすることも珍しくはない。

Project
物件情報