Los Angeles

Area
エリア概要

西海岸で最も活気のある街。

古くから日本人に愛される街

日本人にとって馴染みの深いロサンゼルスはアメリカ国内で最も住みやすい都市の1つである。年間を通して晴天率が高く、湿度も低い地中海性気候に恵まれたエリアで、高温多湿の日本と比較するとその爽やかさは比べものにならない。
ロサンゼルスは多くの日系企業も進出しており、多くの日本人コミュニティがあり、古くは明治初期にさかのぼり、1903年に全米で最も早く創刊された日本語新聞である羅府新報が始まったのもこの地域であり現地に深くかかわりながら根付いている。
またロサンゼルス近郊では、他の地域と比較すると低湿度なこともあり、歴史ある木造住宅が多く見受けられる。日本人投資家においても、そのような戸建、アパートを購入する傾向が高く、次いで都市部のコンドミニアムとなっている。

今後期待される更なる発展

ロサンゼルスといえば、ハリウッドに代表されるエンターテイメント産業のメッカであり、さらにファッション、教育、医療等も整っており、全米や諸外国から人口の流入がある、いわゆる住みやすい街と言えるだろう。
近年では、既存のエンターテイメント産業のみならず、テック産業の流入により、”シリコンビーチ”が形成され、人材の宝庫ともなっている。
ダウンタウンにおいては、かつての治安の悪さが遠い昔のことのように感じる、大規模開発が行われており、世界各国の有力なデベロッパーが開発に参画し、活況を呈している。
これらのような複合的な魅力があるロサンゼルスにおいて、44年ぶりのオリンピックの誘致が確定した。これまでの各国のオリンピックに向けた発展は述べるまでもなく、今後更なる価値がロサンゼルスに生まれていくことだろう。

Project
物件情報