住まい・暮らし
購入

マンションvs一戸建て、購入するならどっちがいい?

「いつかは自分たちの家=マイホームを購入する!」と決めている皆さん、夢の形を少しずつ具体的にしていきましょう。「マイホーム」にもいろいろな形があります。今回は「分譲マンションか?一戸建てか?」を比較検討することにしましょう。

分譲マンション購入のメリットと注意点は?

分譲マンションは、部外者・不審者が侵入できないよう、セキュリティ設備を充実させています。また、管理人が常駐していたり、宅配BOXが利用でき、入居者が外部の人とあまり顔を合わせずに暮らせる物件もあります。その一方で、入居者が歓迎したいお客様にはラウンジ・ゲストルームなどが利用できるマンションもあり、快適に過ごしていただけます。

高層マンションに入居すると、窓からの眺めがとても良く、築年数の浅い物件になれば、最新の耐震基準に適合した頑丈なつくりとなり、災害に備えた物品の備蓄も充実しています。

注意点として庭・駐車場の確保がしづらいことがあります。また隣や上下階の騒音が気になったり、逆に騒音源とならないよう気配りをしたりしながら生活する必要があります。

一戸建て購入のメリットと注意点は?

一戸建ては2階建てや3階建てにすることができるので、広い住空間を得ることが大きなメリットです。間取りを自由に決められ、家族の形が変わることに合わせた増改築が可能です。

隣家との距離がありますので、騒音や振動があまり気にならず、プライバシーを確保した生活を送ることができます。

庭や駐車場が自宅のそばに確保しやすく、お子さんをのびのびと遊ばせることや、情操教育のために植物を育てたり、ペットを飼ったりすることもできます。

一方で、いつかやってくる修繕の時期のために、自主的に貯蓄などを確保しておく必要があります。また、住宅購入時に同じ予算をかける場合、マンション購入に比べて一戸建てのほうが交通の便が悪い物件を選ばざるを得ない、という面はあります。

経済面でのメリット・デメリットを比較

マイホームを購入する際には、まず用意できる資金(自己資金+住宅ローン)の額を確定させ、その範囲内の物件を選んで検討しましょう。資金計画が曖昧なまま高額の物件を見学してしまうと、予算オーバーにもかかわらず欲しくなり、結果的に無理のある住宅ローンの組み方をしてしまう、という問題につながるからです。

同じ予算の範囲内では、一般にマンション購入のほうが立地条件の良い物件を手に入れることができます。しかし、マンションでは毎月修繕費を積み立てる必要があり、駐車場代も別途かかることになります。

一戸建て購入なら、毎月それらを支出する必要がなく、いざとなれば修繕の時期などもご自身で調整することができます。

資産価値という観点から考えれば、マンションは築年数が経てば資産価値が落ちてしまいますが、一戸建て購入をしておけば、建物の資産価値が落ちても土地部分の資産価値は残りますので、安心感があります。

物件選びで考えたいこと

物件選びにあたって、まず「これだけは一番大事にしたい」という点、そして「このデメリットだけは許容できない」という点を明らかにしましょう。

「子どもがのびのびと暮らせる環境がいい」「子どもが立てる足音、騒音などで隣近所に気を使いたくない」というご家族は一戸建てのほうが向いているかもしれません。
逆に、「近いうちに子どもが独立して、夫婦2人の生活が続きそうなので、駅や病院などが近い場所で便利に暮らしたい」「プライバシーも大事だけれど、万一の事態のとき、すぐ相談にのってくれる管理人やご近所さんがいることのほうが安心」というご家族は、管理人の常駐するマンションのほうが向いているかもしれませんね。

マンション購入、一戸建て購入のどちらにもメリット、注意点があり「どちらが優れている」と一概には言えません。ただ「どんなメリットがあり、注意点があるのか」をあらかじめ知っていれば、対策を立てながら暮らすことができます。物件の形だけにこだわらず、購入するご家族が望む暮らし方や、経済的な面で希望に合う物件を選ぶことが重要です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加