リフォーム・リノベーション

15年過ぎたら要注意!「給湯器」でわかるリフォーム時期の判断

大切な家をどんなに丁寧にケアをしていったとしても、ある程度の時期がきたらどうしても修繕しなければなりません。そのとき、部分的な修繕でいいのか、あるいはリフォームを考えたほうがいいのか、判断に頭を悩ませるところです。

そもそも、普段の生活に追われていて、修繕する時期自体の判断に悩む、あるいは逃すということも珍しくありません。そんなとき、ひとつの目安となるのが給湯器の交換寿命です。

給湯器はメーカー・機種によって若干の差は出ますが、大体、12~15年が交換のタイミングといわれています。また、給湯器自体の設置場所や排気カバーの取り付け状態などで寿命は変わってくることもあります。

それだけに、交換時期が難しいと思われがちな給湯器ですが、実は給湯器の不具合を判断するのはさほど難しくはなく、着火する時の異音、あるいは温まるまでに時間がかかるようになった……などのいくつかの目安があります。

長年使い慣れていると、これらの“異常”をついつい見過ごしてしまいそうですが、そんなときは使用年月を考えて業者に頼むなどの対処が必要となってくるでしょう。

給湯器は、お風呂や台所など生活基盤のポイントであるだけではなく、安全面においても丁寧なケアと心配りが大切なところなので、ぜひ頭に入れておきたいところです。

給湯器の交換時期の「15年」がそのまま家のリフォーム時期に重なる

この給湯器の交換時期である「15年」というのは、家の器具のなかでは比較的寿命が長いほうですが、それはそのまま、家全体の修繕時期とも重なってきます。給湯器交換=リフォームの適齢期、という判断が成り立つのはそのためです。

そして、給湯器の交換時にリフォームを考えるメリットとしては、自治体によってさまざまな補助金や税金の優遇などがあるということを忘れてはいけません。

エコリフォームに対する優遇がそれですが、高効率給湯器などを取り入れることによって、それらの補助を受けることができます。

たとえば、東京都庁のお膝元である新宿区の場合、「新エネルギー及び省エネルギー器機等導入補助金制度」という制度があり、具体的には、個人住宅用の太陽光発電システムで10万円(上限は30万円)。太陽光給湯システムが本体価格の20%(上限は30万円)などなど、リフォーム時の内容に合わせて細分化された補助があるので、給湯器の購入時に比較検討してみるといいでしょう。

もちろん、新宿区以外の地方自治体でもさまざまな補助金制度はありますので、自分の住む自治体の制度を確認しておくことは必要です。

さらに、高効率給湯器に交換することで従来の給湯器より、ランニングコストを5分の1程度に押さえられるというメリットが各種データで発表されています。

このように、ちょっとした給湯器の“変化”が実はリフォームの時期を知らせているとともに、省エネによるランニングコスト削減という生活に対する大きなメリットになることもあるのです。

少し嫌な音がするけど、まあ、事故もないしこのままでいいや……という考えが、生活経費を上げているという可能性は少なくありません。

住み慣れた家に大切に住んでいきたいなら、いつかはやらなくてはならないリフォーム。給湯器の不具合はそのことを気づかせてくれるサインかもしれないのです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加