Column / 2019 10,25 /Vol.1

これからの夫婦喧嘩の話をしよう。

家族の中で起こる悩み、なかなか他の人には相談しにくい…「なんで?」「どうして?」をなくして笑顔のたえないテーブルを囲みましょう!5歳にまかせてスッキリさせます!

5歳(嫁公認アカウント)

妻と息子2人との間で繰り広げられる微笑ましいエピソードがSNSで話題に。現在はコラムの執筆を中心に活動中。
Twitter https://twitter.com/meer_kato

こんにちは5歳です。
新連載コラム第一弾のテーマは【夫婦喧嘩】です。
僕は結婚して10年が経ちますが、夫婦喧嘩はもう数え切れないくらいしてきました。一応、今も仲良く夫婦生活しているわけですから、してきたケンカの数だけ、仲直りもしてきたわけになります。

全然自慢できる話でもありませんが、夫婦喧嘩のプロでもあり、同時に仲直りのプロでもあります。

もちろんケンカはしないほうがいいに決まっています。周りの友達夫婦に夫婦喧嘩の実態調査をしてみるとケンカをする/しないでちょうど半々くらいに分かれました。
一応ネットでも夫婦喧嘩のデータを色々と調べてもやはり半分はケンカをしないみたいです。僕らは残りの半分の【ケンカ】する方に入るわけですが、平均的にだいたい月に1、2回のペースでケンカをしています。
それでも一回のケンカが一日で終わるわけでもないので、だいぶ労力を使います。

ちょうど先週も一週間ほどケンカしていたのですが、最後の方はお互いなんでケンカしたのかもわからなくなっていました。直近でケンカしちゃってるからあまり説得力もないんですけど、新婚当時から比べるとこれでもだいぶケンカしなくなったんですよ。

ゲゲゲの鬼太郎の著者である水木しげる先生が「ケンカはよせ、腹が減るぞ」という名言を残しています。

ごもっとも過ぎて声も出ません。

ケンカをすると腹は減るし、気分は乗らないし、滅入るし、家に帰る足どりも重くなるし、本当に何にもいいことはありません。

どちらかが謝らなければ終わることのない夫婦喧嘩ですが、ツイッターで夫婦喧嘩の意識調査のアンケートを取ってみました。

 

こんな結果が出たのですが、一番多かったのが自分から謝るでした。僕のフォロワーさん達は自分から謝る派が多いみたいですね。僕もケンカした時には自分から謝る/歩み寄ることが多いので、もしかしたら属性が僕に似ているのかもしれません。

どちらも謝らない夫婦も2割いて、話を聞くと「寝るとふたりとも忘れちゃう」という良い意味で忘れやすい夫婦もいました。うちの嫁の場合だと恨みは絶対に忘れないタイプなので、寝てリセットがかかる人になってくれたらいいのになと思います。

半数の人は定期的にケンカをしているみたいですが、そもそもどういった原因でケンカになるんでしょうか?