Column / 2018 12,21 /Vol.1

漢方薬剤師が教える、内側から輝くためのビューティケア Vol.1
「年末年始の疲れたカラダに効果的!お酒のむくみや二日酔いを解消する方法とは?」

多くの女性が若々しくあるために日々努力をしていると思いますが、付け焼き刃の対策をしていませんか?美を追求する漢方薬剤師の森田ひろみさんが、東洋医学の視点で、あなたの身体を内側から輝かせるためのアドバイスをしてくれます!

■飲酒のあとに効果的な漢方は?

以下に飲酒のあとに効果的な漢方薬をご紹介します。飲むタイミングは食間で、お湯に溶かして飲むのがベストです!※漢方薬は体質によって効果が異なる場合があるため、購入の際はドラッグストアや漢方薬局の薬剤師・漢方専門医にご相談ください。

【 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ) 】
お酒の解毒剤のような役割を果たしてくれる漢方薬。熱による炎症を抑える効果があるため、二日酔いによる胃の不快感や頭痛にも効果があります。飲酒で顔が赤くなったり、カラダが熱くなる人に向いています。

【 五苓散(ゴレイサン) 】
お酒を飲んでむくんでしまう方に効果的な漢方です。カラダの働きを高めて水分代謝を促します。余分な水分だけを排出してくれるので、二日酔いで重だるく感じてしまう人にもおすすめです。カラダを温め血流を促すので、めまいや頭痛がする方にも効果が期待できます。

■まとめ

【飲み過ぎの弊害】
ー肌の乾燥
ーニキビ
ー肌老化
ー体重増加
ー胃腸の不調
ー頭痛
ー冷え

【お酒の上手な飲み方】
・空腹のときは飲まないこと
・水分補給をしながら飲酒する

【飲酒のあとに効果的な漢方】
・黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
・五苓散(ゴレイサン)

いかがでしたか?アルコールは、適度な量を飲むことでストレス発散ができますが、一歩間違えると健康や美容に悪い影響を与えてしまいます。しっかりと飲み方を見直すことで、イベントが多いこの年末年始、体調を崩すことなく楽しんでいただけたらと思います!