Column / 2017 09,18 /Part.2

住んでみて感じる大阪独自のコミュニケーション文化

住んでいる人にとっては普通でも、他の地域の人から見たらびっくりするような文化は存在するもの。
中でも、東京と大阪では同じ都市でも大きく違いがあるような印象です。そこで東京から大阪に移り住んだ5名に集まってもらい、リアルに感じた文化の違いを語ってもらいました。

「アメちゃん文化は本当にあった……」大阪ならではのコミュニケーション

Chapter.05

story_img4

prof_img2Bさん
風邪ぎみでマスクして街を歩いていたら、前からやってきたおばちゃんが「兄ちゃん、風邪か? はよ治し」、とカバンからのどアメを出してくれたんです。「大阪のアメちゃんを配る文化は都市伝説じゃなかったんか……」と妙に感激しました。
prof_img5Eさん
大阪人はモノをくれる文化がやっぱりありますよね。

story_img5

prof_img3Cさん
この前、居酒屋で飲んでいたときに、隣のおじさんがシメサバを食べていて、おいしそうだなと思って私も頼んだら、品切れだったんです。そしたら、それを聞いたおじさんが食べかけのシメサバを分けてくれました(笑)。自分のモノを分けてくれるのはイメージ通りですよね。
prof_img4Dさん
私、すっごく不思議だったことがあって。大阪の人って電車の座席をあまり詰めて座らなくないですか。
prof_img5Eさん
東京の電車のシートは座席にくぼみがあって1席の区分が明確なんですけどね。大阪はフラットなシートが多いかも。
prof_img4Dさん
それで「すみません」って言って詰めてもらってみんな座るんですけど、すごく違和感がありました。最初から詰めて座ればいいのに、って思っちゃったんですよね。それで、同じく東京出身の夫が関西出身の同僚に理由を聞いたんです。そしたら、「関西人はそのやりとりから生まれるコミュニケーションを楽しむためにあえて詰めない」と。「すみません」「どうぞ」というやりとりを楽しむ文化があるんだというのは新鮮でした。

story_img6

このまま大阪永住もアリ? 将来的に住みたい場所は?

Chapter.06

story_img7

prof_img1Aさん
私は両親が東京にいるので、将来的には東京へ戻るつもりです。でもそれは、帰りたいというのとはまた違うんですよね。自分のホームはやっぱり東京だけれど、大阪のことはずっと好きだと思います。さっきの引き際のコミュニケーションの話にも繋がりますが、ここは「来る者拒まず、去る者追わず」だと思うので。東京に戻っても、いつでも大阪に戻ってきていい空気があると思います。
prof_img2Bさん
僕は純粋に東京で暮らすよりも、大阪の方がお金もかからないのでずっと大阪にいたいですね。ほんまに家賃も食べ物もそうやし、東京と比べると生きていくのにコストがかからない。
prof_img5Eさん
やっぱり東京に住みたいですが、大阪がいやだというよりも家族や知り合いが東京にいるということが大きいです。違う土地で暮らすようになって、どこに住むかよりも、誰と住むかが自分には大事かなと思うようになりました。
prof_img4Dさん
私は東京や大阪に限らず、もっといろいろな場所に行ってみたいと思うようになりました。東京から初めて大阪に来てみて、いろいろなギャップだったり、人情味だったりとか、文化の違いを感じられたので、もっと別のところにも住んでみたいな気持ちがあって。たとえば、東北の人だったら、どういう人が多いのかな、とか。ずっと東京にいたら見えてこなかった文化の違いを感じられるのが今は面白いです。

みなさん、大阪ならではのノリやコミュニケーションに戸惑いながらも、その独特な風土に居心地の良さを感じているようでした。
また、離れてみたからこそ感じる東京の良さも見えてくるもの。全く違う文化がある街に住んでみると、意外な発見や新しい価値観に出会えるのかもしれませんね。