Column / 2018 12,25

ご当地の味が大集合!全国お雑煮No.1決定戦

お雑煮といえば味も作り方も地域ごとに全然違いますよね。でも、結局どこのお雑煮が一番美味しいのか気になりませんか?ということで、いろんな都道府県出身のライターたちが、実家のお雑煮を持ち寄って食べ比べをしました。お雑煮No1に輝くのはどこのお雑煮なのか! ※この記事は株式会社バーグハンバーグバーグによる寄稿記事です。

まずは北海道出身のモンゴルナイフ!
お正月には、お雑煮をどっちが多く食べられるか弟と競っていたせいで、毎年激太りしていたそうです。

 

そんな彼女を太ましく育てたお雑煮がこちら!

 

イクラが乗ってる!?
マジで!?

「イクラだ…」と恐れおののく男たち

本当にイクラ使ってた〜? 見栄張ってるんじゃない〜?
本当ですよ〜! 実家では年末になるといただき物のイクラが大量に余るので、いつからかお雑煮に入るようになったんです
イクラが余るってどういう状況?
なぜかはわからないんですが、いろんな人からおすそ分けされるので、年末は実家の中でのイクラの価値が暴落するんです。雑煮に入れるのは余りものを消費しようという母の戦略ですね
決して「リッチなお雑煮」という立ち位置ではないんだね
羨ましい……
ちなみに、鮭がもらえた年はサーモン雑煮になります
モンゴルナイフ家に嫁ぎてえ……

自分で言うのも何ですけど、お肉に「豚バラ」を使ってるのは珍しくないですか? これ私好きだったんですよ〜!
豚バラもそうだけど、「しいたけ」が入ってるのも珍しくない?
え!? しいたけってメインじゃないんですか?
どうだろ? うちじゃ見なかったな〜
別に違和感ないし、入れてる家庭も結構ありそうですけどね
入れたとしても細切りにしない? こんなにいさぎよく丸ごとしいたけ入れてるのは北海道ならではなのかな
どうなんでしょう?
みんな自分の家の雑煮しか知らないからフワフワした意見しか出ませんね

お餅は焼かない派なんだね
そうです! 焼かずにとろとろに煮込んだ柔らかい状態で食べるんです! なので小さい頃は、お餅は飲みものだと思ってました
食道がバイパスくらいあんの?
そのせいで、おじいちゃんもおばあちゃんも回避した「喉に餅つまらせる」という事故をやらかして、正月早々、生死の境をさまよったことがあります
それ実際に体験した人初めて見た
お正月に親戚が集まるたびに話題に上がってそう

年に一度これが食べられるのが羨ましくてしょうがない
これは我が家だけの特徴だと思うんですけど、出汁の味付けにめんみという調味料を使っています
めんみ?
北海道民にはおなじみの万能調味料です! 普通のめんつゆと違ってサバ・ホタテ・煮干しとかから出汁をとってるんですよ
全体的に海鮮風味なんだね
北海道というポテンシャルを余すことなく活用してる感じがする! さすが北海道雑煮だね〜
でも、おなじみのお雑煮って感じはしないね
他人の家の雑煮なんだからそりゃそうでしょ

 

「余り物のイクラを使う」という北海道でしか活用できないレシピ術から生まれたモンゴルナイフのお雑煮!
他の参加者はうわ言のように「ずるい……」「羨ましい……」と繰り返していました。

 

>>次ページ、東北地方から福島県のお雑煮が参戦!<<

 

1. 全国お雑煮No.1決定戦 ルール説明
2. モンゴルナイフの家庭のお雑煮(北海道)
3. かんちの家庭のお雑煮(東北)
4. マンスーンの家庭のお雑煮(関東)
5. 長島の家庭のお雑煮(中部)
6. ギャラクシーの家庭のお雑煮(近畿)
7. 小野ほりでい&河野の家庭のお雑煮(中国、四国)
8.かまどの家庭のお雑煮(九州)