Column / 2018 12,25

ご当地の味が大集合!全国お雑煮No.1決定戦

お雑煮といえば味も作り方も地域ごとに全然違いますよね。でも、結局どこのお雑煮が一番美味しいのか気になりませんか?ということで、いろんな都道府県出身のライターたちが、実家のお雑煮を持ち寄って食べ比べをしました。お雑煮No1に輝くのはどこのお雑煮なのか! ※この記事は株式会社バーグハンバーグバーグによる寄稿記事です。

続いては東京出身のシティボーイ マンスーン。
つい最近まで実家暮らしだったので、今回の参加者の中で一番お雑煮ブランクが少ないといえるでしょう! お雑煮ブランクって何?

 

そんなマンスーンのお雑煮はこちら!

 

わっ! なるとが入ってる!
他の家では入れないんですね。僕の家では欠かせない具材でした
かまぼことかは見たことあるけど、なるとは初めて見た!
昔からお雑煮のなるとが大好きでした。子供の頃は器によそうときにナルトばかり入れちゃったりしてましたね
なんか子どものお正月っぽいいい思い出だな〜
僕にとっては全然あるあるじゃないのにすごくノスタルジーを感じる……

お雑煮というと子供のころ嫌いだった人も多いと思うんですけど、僕は当時から大好きでした
いい息子だ
うちのお雑煮は醤油と塩のシンプルな味付けで飽きが来ないんですよ
子供の頃から、おっさんみたいな角度から好きになるなよ
ちなみにお雑煮は母が作っていたんですけど、嫁いできたばかりの時は、マンスーン家のお雑煮の具は小松菜・なると・鶏肉の3つだけだったらしいです
無骨な雑煮だなあ
それでも、なるとは初期メンだったんですね
ニンジンと大根は、母がそのあと料理の本を参考にして入れるようになったと聞きました。なので純粋な関東のお雑煮というわけじゃないかもしれません
なるほどね〜
お母さんの工夫が足されていくから、同じ地域でもちょっとずつ味が変わっていくんでしょうね

12月31日の夕方に母がお雑煮を作って、お正月の朝になったら家族みんなでお雑煮を食べるのが我が家の恒例行事でした
一人暮らし始めてからはそういうのもなくなったな〜
お雑煮が待ちきれなくて、31日の深夜にこっそりキッチンへ行ってお雑煮を食べるのが僕の中でのお決まりでしたけどね
さっきから心があったかくなるエピソードばかり出てくる
お雑煮がどうこうじゃなくて、そもそも実家のことが好きなんだろうね
あとは、祖母が飾り終わった鏡餅をストーブの上で焼いておかきを作ってくれるんですけど、それが大好きだったので姉と取り合いをしたりとか……

実家が恋しくなってきた……
お母さん元気かな……
今年はちゃんと実家に帰ろう……

 

他参加者をホームシックに陥れたマンスーンのお雑煮!
多分育ちがいいんでしょうね。どうかいつまでもそのままの君でいて。

 

>>次ページ、グルメ通が繰り出す新潟お雑煮とは!?<<

 

1. 全国お雑煮No.1決定戦 ルール説明
2. モンゴルナイフの家庭のお雑煮(北海道)
3. かんちの家庭のお雑煮(東北)
4. マンスーンの家庭のお雑煮(関東)
5. 長島の家庭のお雑煮(中部)
6. ギャラクシーの家庭のお雑煮(近畿)
7. 小野ほりでい&河野の家庭のお雑煮(中国、四国)
8.かまどの家庭のお雑煮(九州)