Column / 2019 03,05 /Vol.5

料理研究家・リュウジの簡単丼弁当レシピ
ご褒美ランチにぴったり!「ビーフ・バターライス弁当」

毎朝お弁当を作っている人も少なくないのでは。しかし、レシピのバリエーションがなくてワンパターンになってしまったり、そもそも毎日作るのも大変だったりしますよね。そんなとき、簡単でおいしいレシピがあれば便利なものです。そこで、料理研究家のリュウジさんに、おすすめの「丼弁当レシピ」を教えていただきました。

リュウジ

料理研究家/レシピライター。
「今日食べたいものを今日作る!」をコンセプトに、手軽にできるレシピを考案。SNSでは「簡単・爆速レシピ」が人気を集める。2017年8月に公開した「無限湯通しキャベツ」はテレビでも取り上げられて話題に。
アカウント)https://twitter.com/ore825

◆固い状態でも調理OK!「ジャーマン・アボカド」

【材料】

アボカド 1個
ウィンナソーセージ 3本程度
にんにく 1かけ
オリーブオイル 小さじ2

(A)
顆粒コンソメ 小さじ1/2
塩こしょう 適量

【作り方】

1.

アボカドは皮と種を除き、4等分のくし形切りにしてから1cm幅のななめ切りに。

ソーセージはななめ切りにし、にんにくは薄切りにする。

2.

フライパンにオリーブオイルと(1)でカットしたにんにくを入れて炒める。にんにくの香りが立ったら、(1)のソーセージを加えて炒める。
ソーセージに焦げ目がついたら、(1)のアボカドも加えて炒める。(A)を加えて全体になじませたら完成。

栄養も満点で人気のアボカド。生で食べてもおいしいですが、火を通せばまた違った味わいが楽しめますよ!
加熱することでホクッとするので、買ったアボカドがまだ固かった場合でも問題なく食べられます。