Interview / 2019 08,02 /2

別れが紡いでくれる、新たな出会い。

進学を機に家を離れる息子、彼を案じながら寂しい気持ちを抱える母親。その様子を優しく見守りながら、家族の新しいカタチを提案する父親。三井のリハウスのCMでそんな父親役を演じた中野さんには、どんな『リライフ』の瞬間があったのか。俳優という職業との出会いから、趣味やライフワークといったパーソナルな面まで、たっぷりとお話をうかがいました。

俳優・中野英樹さん

1968年2月15日生まれ。神奈川県出身。大阪芸術大学ミュージカル専攻卒業。最近では、映画『万引き家族』『SUNNY-強い気持ち・強い愛-』(ともに2018年公開)の他ドラマ、CMなど多数出演。去る7月には舞台『芙蓉咲く路地のサーガ』〜熊野にありし男の物語〜が、新宿花園神社境内特設ステージで上演された。

■俳優を辞めさせないでくれる、不思議な縁。

――現在は東京をベースに活動されていますが、そのきっかけはなんですか?
今となっては笑い話になっていますが、その大阪の劇団には後ろ足で砂をかけまして(笑)。退団することになったんです。それだったら東京に行ってやるしかないかな、と。ただこれも「東京でひと旗上げるぞ!」と決意したわけではなく、なるがまま、なすがままという感じで。

――東京で活動を始めてからは、順風満帆!という感じですか?
いや、辞めようと思った瞬間はありますよ。でも今日まで俳優を続けられたのは、不思議なタイミングで褒めてもらえたからなんです。それも気持ちが冷めてきて、もう辞めようかなというときに、すごく褒めてくれる人が現れて、モチベーションを上げてくれるんです。人生、褒められることって少ないじゃないですか。だから感動しちゃうんですよね。

――感動するって、大事ですよね。
感動したことで言うと、とある映画の夏祭りのシーンを岐阜県で撮影したことがあったんですけど、それが11月の寒い時期で。それなのに、地元の方がたくさん集まって、笑顔で協力してくれて。

――ひとつの作品をつくり上げる過程みたいなものが続ける原動力ということでしょうか?
そうなんです。ちょうど今(※取材は7月)新宿花園神社で上演している舞台でも、スタッフ、演者が一緒になって建て込みからすべてをやっていて。そのみんなの一体感が好きっていうのもすごくあると思います。

7月に上演された舞台『芙蓉咲く路地のサーガ』~熊野にありし男の物語~の一場面