「建物状況調査」と
「360°サポート建物調査」について

「建物状況調査」と
「360°サポート建物調査」について

平成30年4月より宅地建物取引業法が改正されました!!三井のリハウスが詳しく解説します。

平成30年4月1日から、宅地建物取引業法の改正によって宅地建物取引業者との媒介契約書に『「建物状況調査」のあっせんの有無』が記載されることとなりました。

 「建物状況調査」とは

建築士資格を持ち、一定の講習を修了した「既存住宅状況調査技術者」が、既存住宅の基礎、外壁など建物の構造上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分を確認し、雨漏り等の劣化・不具合の状況を把握するための調査です。

対象となる部分
「建物状況調査」は、取引前に建物の状況を明らかにすることで、安心・安全なお取引をサポートするものです。
建物の何を調べるの?
国土交通省の定める基準に従い以下の対象部位を調査します。 原則として目視・非破壊検査を行います。

ア.構造耐力上主要な部位 
イ.雨水の浸入を防止する部分 
ウ.耐震性に関する書類の確認
誰が調べるの?
建築士資格を持ち、一定の講習を修了した
「既存住宅状況調査技術者」が行います。

「建物状況調査」のメリット 売主様

売却後のトラブル防止
引渡しから3ヶ月以内に見つかった不具合については売買契約書にもとづき売主様が責任を負わなければいけない場合があります。建物を事前に調査し、確認しておくことで、契約前に補修を実施したり、告知したうえで契約を締結することができ、売却後のトラブル防止に役立ちます
売主様が調査を行わず、買主様の都合で調査をした場合、売買契約までに時間がかかったり、値引き交渉に繋がる可能性があります。事前に調査を済ませておくことでこのようなリスクも回避できます
既存住宅売買瑕疵保険の活用
調査結果が既存住宅売買瑕疵保険の加入判定に適合していれば保険の加入が可能となります。保険に加入することで築年数が古い物件でも買主様は税制特例の利用が可能となります。(物件の引渡後には保険加入申込みいただけません)

「建物状況調査」のメリット 購入希望者様

購入時の安心材料
調査結果により、建物の補修の必要箇所や劣化状況がわかれば、どう直したらいいのか等のリフォーム提案にもつながります。また将来的に瑕疵につながる可能性のある劣化についても発見できるので、長く住むためのメンテナンス計画が立てやすくなります
既存住宅売買瑕疵保険の活用
調査結果が既存住宅売買瑕疵保険の加入判定に適合していれば保険の加入が可能となります。保険に加入することで築年数が古い物件でも税制特例の利用が可能となります。(物件の引渡後には保険加入申込みいただけません)
三井のリハウス『360°サポート』では、対象の一戸建てで、『建物状況調査』を無償(※1)で実施しています!

「建物状況調査」と「360°サポート」と「建物調査」

三井のリハウスでは今般の宅地建物取引業法改正による「建物状況調査」が制度化される以前から、当社独自基準による建物調査を行い、その調査結果に応じてお引渡し後の一定期間、設備・建物の補修費用などを三井のリハウスが負担する安心サービス「360°サポート」を提供しています。
※詳しくは「360°サポート」をご覧ください。

1.売買契約前に雨漏り・シロアリの害等の
建物状況を調査し、ご報告いたします。

建 物 調 査 三井のリハウスが費用を負担

※戸建は建物状況調査、マンションは営業担当者による調査を実施いたします。

2.お引渡し後3ヶ月間に発生した、建物の不具合を補修いたします。

建 物 補 修 最大500万円(税込)補修・駆除費用を三井のリハウスが負担

3.お引渡し後7日間に発生した、設備の故障を修理・交換いたします。

設 備 修 理 最大20万円(税抜)修理・交換費用を三井のリハウスが負担。(期間中何度でも対応)

※1 弊社と不動産売買の媒介契約を締結いただいた個人のお客様が対象です。大規模住宅(階数(地階を含む)が4以上または延床面積が500㎡以上の住宅)、宅建業者が売主様の物件、賃貸中の物件、売主様が平成30年3月31日以前に建物調査会社による「360°サポート」の建物調査を実施している場合の建物状況調査費用は、お客様のご負担となります。
■ 築30年を超える一戸建ては「360°サポート」の対象外です。
■ 築30年を超える一戸建ての「建物状況調査」を希望される場合は、調査会社のあっせんが可能です。ただし、その場合の調査費用はお客様のご負担となります。
■ 築30年以内の一戸建て以外の建物(店舗付住宅、共同住宅など)は、「360°サポート」の対象外です。 また「建物状況調査」のあっせんも行いません。

建物補修
360°サポート「建物補修」とは?
当社独自の建物調査は、大きく4つの項目でチェックを行います。 「雨漏り」「シロアリの害」「建物構造上主要な部位の木部の腐食」「給排水管の故障」の4点です。 調査の結果、問題がなければそれぞれの項目をサポート対象とし、万が一引渡後に不具合が発生した場合は、引渡後一定期間、三井のリハウスがその補修費用を負担いたします。 対象は築30年以内の一戸建て・マンションとなります。

三井のリハウスからのご提案

築30年以内の一戸建てについて

「建物状況調査」の実施

  • ・当社の費用負担により調査会社へ「建物状況調査」を依頼し実施いたします。調査内容については当社独自の「360°サポート」と「建物状況調査」をあわせたものです。
    ※購入の場合は、売主様の了解が得られる場合に限り実施いたします。
  • ・「360°サポート」のサービス適用判定とあわせ「建物状況調査」の結果による既存住宅売買瑕疵保険の加入判定も可能となります。
    ※2018年4月1日以降に当社で媒介契約を締結した場合が対象となります。
    ※「建物状況調査」が実施できない場合は、当社営業社員による調査により「360°サポート」の適用判定を行います。 その場合、既存住宅売買瑕疵保険の加入判定は実施いたしません。
三井のリハウスが安心・安全なお取引をサポートします。

築30年以内のマンションについて

「建物状況調査」の実施

  • ・当社営業社員による「360°サポート」独自の建物調査を行います。
    ※「建物状況調査」は行いません。

※築30年を超える一戸建て、マンションは「360°サポート」の対象外です。
※築30年を超える一戸建ての「建物状況調査」を希望される場合は、調査会社のあっせんが可能です。ただし、その場合の調査費用はお客様のご負担となります。
※マンションについては、調査部位に共用部が含まれることから「建物状況調査」のあっせんは行いません。
※上記以外の建物(店舗付住宅、共同住宅など)は、「360°サポート」の対象外です。 また「建物状況調査」のあっせんも行いません。