買替えの流れ

買替えには「売却先行」と「購入先行」の2通りの方法があり、お客様のご事情や資金内容により、どちらかを選択することになります。どちらを選ばれる場合にも、資金の手配や引渡しのタイミングなど十分なプランニングが必要となります。三井のリハウスではお客様にあった買替えの方法とプランをご提案し、安心して買替えができるようお手伝いいたします。

売却先行、購入先行のメリット・デメリット

売却先行の場合 購入先行の場合
メリット
  • 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、購入の資金計画が立てやすくなります。
  • ご購入したい物件が先に決まると、仮住まいなど無駄な費用の発生がなくなり引越しもスムーズです。
  • じっくりと希望条件にあった物件を探すことができます。
デメリット
  • ご購入したい地域の物件が少ないなどの理由で、なかなか希望物件が見つからないことがあります。
  • 先にご売却できても引越しまでに新居が決まっていないと、決まるまでの間仮住まいをしなければなりません。
  • 売却のめどが立たないと、ローンを二重に支払わなければならない場合も想定されます。

買替えの流れ

売却の流れ
ポイント
購入の流れ
ご自宅がいくら位で売れるか、見当をつけて購入の資金計画を立てましょう。
状況を見ながら、必要があれば売出価格の見直しをしましょう。
予算内で最もご希望条件にあう物件をお探しします。
契約条件の調整
引渡し日や売買代金の受け取り方法等、具体的に詰めていきます。諸費用・税金を差し引いた手取り金額も確認してください。
売却金額と諸条件があえば、売買契約締結となります。次のお住まいのことも考え、引渡しの日に注意しましょう。
売却が確定しましたので購入物件をしぼり込みましょう。
購入物件のしぼり込み
ご自宅の引渡し時期と購入物件の引渡し時期を確認してご検討ください。
契約条件の調整
売却物件の引渡し日を考慮し、購入の諸条件があえば売買契約締結となります。
売却代金の受け取り、購入代金のお支払い等、資金の流れを確認しましょう。
残代金の準備
売却と購入の残代金決済はできるだけ時間をあけずにおこなうのが理想です。

※購入物件が決まらない場合や引渡し日があわない場合、仮住まいの準備が必要です。

購入の流れ
ポイント
売却の流れ
ご自宅がいくら位で売れるか、見当をつけて購入の資金計画を立てましょう。
予算内で最もご希望条件にあう物件をお探しします。
購入物件のしぼり込み
実際に現地を訪れ、購入物件をしぼり込みましょう。
状況を見ながら、必要があれば売出価格の見直しをしましょう。
契約条件の調整
ご自宅の売却予定を考慮し、売買代金・引渡し日等についてご検討ください。
購入金額と引渡しの条件があえば、売買契約締結となります。
引渡し日や売買代金の受け取り方法等、具体的に詰めていきます。諸費用・税金を差し引いた手取り金額も確認してください。
契約条件の調整
購入物件への引越し時期を考慮し、売却の諸条件があえば売買契約締結となります。
残代金の準備
売却代金の受け取り、購入代金のお支払い等、資金の流れを確認しましょう。
売却と購入の残代金決済はできるだけ時間をあけずにおこなうのが理想です。

※ご売却物件の買い手が見つからない場合や引越し日があわない場合、買替えつなぎ融資の手続きが必要となる場合がございます。

売却・無料査定のお問い合わせ

お住まいの売却・無料査定に関することについてご相談ください。

購入のお問い合わせ

お住まいのご購入に関することについてご相談ください。

不動産取引の流れを見る

お住まいの購入・売却・買替えの流れについてご説明いたします。

マイページ

ご登録いただくことで、物件検索やご売却活動がより便利に、簡単になる便利機能をお使いいただけます。

登録する

マイページアカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

ログイン