課税取引(消費税)【かぜいとりひき(しょうひぜい)】

消費税の課税取引とは次の4つの要件をすべて満たす取引です。
(1)国内における取引であること
(2)事業として行うものであること
(3)対価を得て行われるものであること
(4)資産の譲渡、貸付及び役務の提供であること
消費税の課税取引となる具体例として、建物の購入代金、建築請負代金、仲介手数料、住宅ローン事務手数料、事務所・店舗などの家賃が該当します。

カテゴリ 税金
ご購入・ご売却の流れ 売買契約 / 物件の引き渡し・残代金の授受
50音 「か」