建ぺい率【けんぺいりつ】

建築基準法等に基づくもので、敷地内に一定の空地を確保することを目的に、敷地面積に対して、建物が所在する面積の割合を○%以内とする制限です。例えば、建ぺい率40%と指定されている100㎡の敷地には、制限として40㎡までの建物所在面積(つまり、残り60㎡は庭、駐車場等の空地として確保が必要)とする必要があります。