さや管ヘッダー工法【さやかんへっだーこうほう】

さや管とは、さやとなる樹脂製の管の中に給排水管を通して2重構造にする給排水管のことです。継ぎ目が少ないため、水漏れがしにくく、交換やメンテナンスが容易です。また、管が樹脂製のためサビが発生しません。ヘッダー工法とは、複数の給水・給湯栓を同時に使用しても、給水・温湯量を安定させる工法のことです。両者を同時に採用する場合が多く、併せて「さや管ヘッダー工法」と呼ばれます。

カテゴリ 建築・設備・建物
ご購入・ご売却の流れ 物件紹介・現地見学
50音 「さ」