Column / 2019 11,08 /Vol.2

これからの子育ての話をしよう。

家族の中で起こる悩み、なかなか他の人には相談しにくい…「なんで?」「どうして?」をなくして笑顔のたえないテーブルを囲みましょう!5歳にまかせてスッキリさせます!

5歳(嫁公認アカウント)

妻と息子2人との間で繰り広げられる微笑ましいエピソードがSNSで話題に。現在はコラムの執筆を中心に活動中。
Twitter https://twitter.com/meer_kato

子育てをしていると年齢とともにいろんな問題が出てきます。
僕には小学校2年の息子がいるのですが、ついこないだ「パパ、おこづかいが欲しいんだけど」と言われました。

息子には欲しいと言われれば、お菓子も買ってあげるし、おもちゃやマンガ、キャラクターグッズなんかも結構買ってあげています。
月に使う息子の娯楽費を計算したらなかなかの金額になっているはずです。

嫁にもよく言われるんですが僕は息子にかなり甘いのです。

それにプラスしてお小遣いまで欲しがるなんて強欲な息子だぜ!と思いながら、夫婦で「お小遣い問題」を話し合う事になりました。

お小遣いに関して一般的な意見も聞きたかったのでTwitterでアンケートを取ったのですが、こんな結果になりました。

 

予想通り500円以下が半数を占めました。
結構多くの家庭で取り入れられているのが
小学校の時は学年×100円
中学生は学年×1000円 です。
割とこのくらいが平均的なお小遣いの相場なのかもしれません。

しかし僕がこのアンケートで注目したのは【なし】が23%もいるというところです。
小学校の低学年だからまだお小遣いをあげてないだけかもしれませんが、まずお小遣いを

【あげる】べきなのか、はたまた【あげない】べきなのか、

そこから考えてみたいと思います。